「安定」って魅力的?

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

「あなたが変われないたった一つの理由(わけ)」

の中で、潜在意識には現状を維持しようとする機能があり、それがあなたが変わろうとすることを妨げているというお話しをしました。

そして、

「「現状維持」を探してみる!」

はその実践編であり、実際にあなたや周囲の人の「現状維持」をたくさん見つけていただきました。

今回は「現状維持」に関連し、一つのお話をしたいと思います。

それは、

 

「安定」

 

についてです。

 

bernswaelz / Pixabay

 

 

「安定」が大好きな人たち

 

「安定」と聞いてあなたは何を思い浮かべるでしょうか?

「安定」と聞いて否定的なイメージを思い浮かべる人は極めて少数です。

2016年(平成28年)現在は「安定」を求めて小学生までが「正社員」や「公務員」になりたいそうです。

大人だって、大企業の正社員や公務員になりたいと思っている人はたくさんいます。または、大企業の正社員や公務員の人と結婚して専業主婦(主夫)になりたいと思っている人もいるでしょう。安定的な収入が入ってくると思っているからです。

今のところ、たしかに大企業の正社員や公務員になれば月々安定した収入を得ることができます。「生存」という側面から見れば有利なポジションであることは間違いありません。

だからこそ大勢がそこを目指すわけです。

潜在意識の現状維持機能からいっても「安定」的な状態が維持されれば、もちろん現状を維持できるわけで望ましい状態と言えます。潜在意識の現状維持機能は極めて強力ですから、多くの人が「安定」を志すこともよくわかります。

 

しかし・・・・・・・・

 

です。

 

本当に「安定」を目指してそれでいいのですか?

というのが今回のお話しです。

 

Couleur / Pixabay

 

生きているけど死んでいる

 

一つ質問です。

仮にあなたの状態、特に職業的な状態が「安定」しているとします。

あなたは本当にやりたいことをやって生きているでしょうか?

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

答えが「YES」なら何の問題もありません。

しかし、ほとんどの人の答えは「NO」なのではないでしょうか。

現代社会において「安定」しているとは

自分以外の人が作った仕組みに順応している

ことを意味するからです。

自分以外の人が自分以外の価値観で作った仕組みに従順に従うことで安定的な「ご褒美」をもらっているのです。

もちろん上記が自分の本当の価値観と一致しているならそれでよいのですが、多くは一致しません。

会社や役所で働くことを「自分の真の役割」と見定めているならそれでいいのです。

専業主婦(主夫)となり家庭を守ることを「自分の真の役割」と見定めているならそれでいいのです。

しかし、多くの場合、

 

「安定」を守るために本当はやりたくないことを我慢してやってはいませんでしょうか?

 

私はこの点を大いに問題視します。

「安定」を守るために本当はやりたくないことを我慢してやっているということは、生きていながら死んでいるようなものです。

なぜなら、自分の人生を生きていないからです。

言うまでもなく人生時間は「有限」です。

人生時間は「有限」だから貴重なのです。

その貴重な人生時間を本当はやりたくないことを我慢して四六時中やっているのって、生きていると言えますか?

もちろん生物としては生存しています。

しかし、情報的に進化した存在である人間は生物としての生存だけではもはや満足できないようにできています。

大切なことなので繰り返しますが、

他人の人生を生きているということは、自分の人生としては死んでいるようなものなのです!

何も「安定」が悪いと言っているわけではありません。むしろ人間の「生物」という側面からすれば望ましい状態とさえ言えます。

しかしながら、「安定」と引き換えに「やりたいことをやる自由」を手放しているとするならば、それで本当にいいかは極めて疑問です。

最後にもう一度問います。

あなたは自分の人生を生きていますか?

 

ijmaki / Pixabay

 

 

コーチング

 

コーチングではゴール設定を重要視します。

特に苫米地式コーチングではゴール設定に「とある重要な制約」を入れています。

全ては自分の人生を生きるためです!

森陽でした。

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: コーチング タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す