青山龍氏(苫米地式コーチング認定マスターコーチ)

こんにちは、森陽(もりあきら)です。

私は「重大発表!!!!!」の中で、「苫米地式コーチング認定コーチ補」を名乗らせていただきました。

「苫米地式コーチング認定コーチ補」を名乗る要件は苫米地英人氏(以下「苫米地博士」といいます。)本人及び苫米地博士が認定したマスターコーチ(正式名称は「苫米地式コーチング認定マスターコーチ」)の方のコーチングセッションを一度受けることです。

2016年(平成28年)9月現在、認定マスターコーチは日本に4人しかいません。

その一人が私の師匠である青山龍氏(以下「青山龍マスターコーチ」といいます。)であり、現在私は青山龍マスターコーチのコーチングを受け、かつコーチングを学んでいる最中です。

今回は青山龍マスターコーチをご本人の許可を得た上でご紹介したいと思います。

 



出会い


「私と苫米地英人氏」の中で詳述していますが、私は2008年(平成20年)苫米地博士の「残り97パーセントの脳の使い方」(フォレスト出版)を初めて読み、これは凄いと直感し、次から次へと刊行される苫米地博士の本やDVDをむさぼるように読んだり視聴たりしてきました。

今から4年前の2012年(平成24年)くらいから「苫米地式認定コーチ」と名乗る方のご活躍が私の目に入るようになってきました。

どうやら「コーチングを受けると凄い変革ができるらしい」ということを肌で感じてきます。

幾人か私の重要性関数に引っ掛かるコーチの方がいらっしゃたのですが、その中の一人が青山龍マスターコーチでした。

青山龍マスターコーチは「青山龍コーチングチャンネル」というYouTube動画を多数アップされています。

苫米地博士の書籍でコーチング理論は一通り学んでいたものの、書籍からだけでは捉えきれない部分もあり、より深く理解するヒントが何かあるのではないかと思い認定コーチの方の動画を検索し視聴していたとき、「青山龍コーチングチャンネル」と出会いました。

 

※「青山龍コーチングチャンネル_001 ホンモノのコーチングを広げたい!」です。動画のリンクを貼ることについても青山龍マスターコーチに承諾を頂いております。動画で語られている青山龍マスターコーチの「思い」は私もまったく同じです。

 

動画を視聴させていただき、すぐに思ったのは

この人は本物だ!

です。

コーチングに対する知識や理解は当然として、人物の奥行が半端ではないと感じました。

青山龍マスターコーチがアップしている動画は軽く100本を超えているのですが、それらの動画をこれまたむさぼるように視聴しました。

青山龍マスターコーチが動画で強調されていたことで、私の胸に響いたのが

行動する

ということです。

セミナーなどに参加し、感動したとしても、「次の行動」に移すことができる人はほんのわずかなのだそうです。

「次の行動」に移すことができなければ、変革を遂げることはできません。

何も変革を遂げることができず、次から次へとセミナーに参加するということになりかねず、いわゆる「セミナー難民」と呼ばれるようになってしまいます。

自身の人生を変革させるべくセミナーに参加すること自体は何も悪いことではなく、むしろ推奨したいくらいですが、しかしセミナーに参加するだけで何も変革を遂げることができなければ無意味とは言わないまでもその効果は極めて低いと言わざるを得ません。

ですので、青山龍マスターコーチは「次の行動」に移すことの重要性を強調されていたのだと思います。

「次の行動」とは、大きなことでなくても、例えば「YouTubeにコメントを残す」とか「コメント付きのリツイートをする」などでも良いそうです。

なるほどと思った私は早速上記「コメントを残す」や「コメント付きのリツイート」を実行しました。

さらに、なんの面識もない状態から、メッセージでご挨拶をさせていただいた上で、青山龍マスターコーチに対しフェイスブックでの友達申請をしました。私の中ではかなりの勇気を振り絞ってなした「次の行動」でした。なんと青山龍マスターコーチは私の友達申請を承認してくださいました。

これが私と青山龍マスターコーチの出会いです。

そして、「次の行動」は私に劇的な変革を引き起こす起爆剤となりました。

「行動」は「行動」を呼びます。

 

「行動」が「行動」を呼ぶ

 

 

「次の行動」をなした私はさらに「次の行動」を次々となすようになりました。

その一つがこのハピリプです。

ハピリプは2015年(平成27年)10月に産声をあげます。

苫米地博士が情報発信の重要性を説いていらっしゃいますので、ブログを書こうとは前々から思っていたものの実行に移すことができていませんでしたが、とにかく「行動」と、どのブログサービスを使うかの選定からはじめ(→「WordPressを選択した理由」参照)、ついにハピリプを開設するところまでこぎつけました。

 

さらに青山龍マスターコーチが苫米地式コーチング認定コーチ養成講座(以下単に「養成講座」といいます。)を開講していることを知ります(今回は詳述しませんが、養成講座が私の重要性関数に引っ掛かり、RASを通り抜け、まさにスコトーマが外れる感覚がありまた。RASについてご興味のある方は苫米地博士の「まずは親を超えなさい!」(フォレスト出版)などをご参照ください。)。

http://www.want2coaching.com/pg130.html

 

強烈なwant toが沸き起こり、飛び込みたくて仕方がなくなりました。

そんなとき、2016年(平成28年)7月、苫米地博士による教育に関するセミナー(以下「脱洗脳教育セミナー」といいます。)があり、告知動画として苫米地博士と青山龍マスターコーチの対談がありました。

私は脱洗脳教育セミナーに参加します(このあたりの経緯は「東京に来ています」「苫米地博士の脱洗脳教育セミナーに参加しました!」に書いています。)。脱洗脳教育セミナーに青山コーチも登壇され、講演を聞かせてもらいました。初めて生の青山龍マスターコーチを拝見しましたが、エネルギーレベルがとても高い方でした(もちろん苫米地博士のセミナーは素晴らしいものでした。守秘義務の関係で詳細をご報告できないのが残念です。「苫米地博士の脱洗脳教育セミナーに参加しました!」でもその内容には全く触れていませんが、しかし「」は確実に伝わるのではないかと思っています。)。

ここで私の決意は固まります。

直後、私はもう一つの「行動」を起こします。

青山龍マスターコーチは養成講座の個別電話説明会をしていらっしゃいましたので、それに申し込みました。個別電話説明会に申し込みをするだけで大きな勇気とエネルギーを必要とし(ただ1通のメールをするだけなのにです!)、申し込みを終えたときは全身が脱力し放心状態です。

日程を調整し、青山龍マスターコーチと電話で一時間程お話しをさせていただき、その場で養成講座に参加する意志を伝えました。青山龍マスターコーチとの電話を終えたとき、やはり全身脱力です。青山龍マスターコーチと電話でお話をさせていただいただけで私の中で何かが変わります。私の潜在意識が「ざわざわ」としていたことを今でも鮮明に覚えています。この「ざわざわ」感こそが変革し始めている証拠なのだと今ならわかります。当時もその予感はありました。

 

コーチングはコーチングを受けようとするとき(コーチングを受ける前)から既に始まっています。

 

コーチングを受けることはそれ自体で、しかも認定マスターコーチから直接コーチングを受けることはそれ自体で現状を大きく飛び出す行為なのです。

 

養成講座の料金を振り込んだとき、もう一回全身脱力して放心状態です。当時の私の金銭感覚からすれば高額と感じるお値段です。この瞬間もいろんなスコトーマが一気に外れます。

 

現状を大きく飛び出すことにより学びが加速し、さらにさらに現状から飛び出していきます。それが

苫米地式コーチング

なのです。

 

Purota / Pixabay

 

現在私は青山龍マスターコーチから直接1対1でコーチングをしていただいています。さらにその前後で3時間のコーチングに関する講義(講義は私を含め数名で受講しています。)をしていただいています。

守秘義務の関係で具体的な内容に踏み込むことはできませんが、とにかく「凄い」の一言です。書籍や動画には決して出てこない話ばかりです。仮に守秘義務がなくても、とてもではありませんが無料でお話しできるレベルのものではありません。

動画を見ただけで青山コーチは「本物だ!」と直感しましたが、実際にお会いし、パーソナルセッションを受け、講義を受けるとその「本物」度合いが半端ではないことが分かります。青山龍マスターコーチにお会いした後はいつもフラフラになります。私の現状の認知が大きく揺さぶられるからだと思われます。

っと、あまり書きすぎると怪しげな何かと誤解されるリスクもありますのでこのくらいにしておきますね。

苫米地博士と青山龍マスターコーチ

最近青山龍マスターコーチは苫米地博士との対談動画を複数撮られています。

青山龍マスターコーチと実際にお会いすると、苫米地博士がなぜ青山コーチを対談相手に指名するのかがよくわかります。

苫米地博士がもの凄いのは言うまでもないことではありますが、青山龍マスターコーチもまた凄いのです。

そもそも「認定マスターコーチ」とは苫米地博士の代わりに「苫米地式コーチング認定コーチ」の認定を出してもいいよという資格ですから、苫米地博士が青山龍マスターコーチの実力をお認めになっていることは当然と言えば当然です。

 

私は青山龍マスターコーチの養成講座に飛び込んで本当によかったと思っています。

 

コーチングを受けようと思っていらしゃる方で、どのコーチのコーチングを受けるか決めていない方にはぜひ青山龍マスターコーチをオススメします。たくさんの実績があることはもちろん、私が実際にコーチングを受けその効果を知っているからこそ自信をもってオススメできます。

さらにやってみようという方はぜひ養成講座に飛び込んでみてください。人生を一変させるインパクトがありますよ♪

ではでは。

森陽でした。

※この記事がハピリプ200本目の記事になります。200本目で師匠である青山龍マスターコーチをご紹介できることを嬉しく思っています。

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 人を紹介 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す