忍耐力のない人は親になってはいけない

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

今回は

忍耐力のない人は親になってはいけない

というお話をします。

ludiarin / Pixabay

(子どもから見たパパとママ)は長年に渡りその親(子どもから見たらおじいちゃん、おばあちゃん)から規範(こうすべきであるという考え)を刷り込まれています。

ご自分の心の中を少し振り返ってみてください。「~すべき」という規範で溢れかえっているはずです。

さて、ここで視点を移します。

子どもはどうでしょう?

当然ながら、子どもは規範を刷り込まれていない状態で産まれてきます。

成長する間も、親や周囲の大人から規範を刷り込まれるまでは子どもに規範意識は存在しません。

これもまた当然ながら、子どもは親の都合に配慮することはできませんね。

だとすれば

です。

どんなことが起こると思いますか?

相当高い確率で、もしかしたら100パーセントの確率で、

腹が立ちます!

そう、親は子どもに腹が立つのです。

この感覚は一度でも子育てを経験された方なら容易にご理解いただけると思います。

まったく、腹立ちますよね?

子どもは親の規範に沿って行動したりしません。だって、子どもには規範がそもそもないのですから当然です。

子どもは親の都合など知ったことではありません。だから、親が困ることを平気でやります。子どもとはそういう存在なのです。

その結果、親はイライラさせられっぱなしです。

子どもは天使だと思っていたのに、子どもが悪魔に見えてしまう。

 

そうですよね?

これ、当たり前です。

どんな親もみんなそうです。

あなただけが特別ではありませんから、どうぞご安心ください。

さて、問題はここからです。

腹が立ったとき、子どもに対しどう接するかです。

つい感情を爆発させて怒ってしまいます。

下手をしたら手が出てしまうかもしれません。

が、

ぐっと堪えましょう!

イライラするのは当たり前ですが、そのイライラを

子どもにぶつけてはいけません。

まして、

子どもに手を上げてはいけません。

ぐっと堪えるのです。

そもそも、子どもは悪いことをしたとは思っていません。

であるのに、感情にまかせて怒鳴りつけては子どもは納得しません。それどころか自己肯定感を大きく損なってしまいます。

自己肯定感を欠いた状態では人生に立ち向かうことが著しく困難になってしまいます。

もちろん、人間社会を生きていくうえで、「他人の物を盗んではいけない」などの最低限の規範意識は必要です。しかし、それは冷静に論理的に諭しながら教えていくべきものです。親が子どもを怒鳴りつけたり、叩いたりする理由には全くなりません。

このことは、ありとあらゆる「親」という存在は胸に刻みつけるべきことです。

さらに言うならば、

親の規範意識も大部分はかなり怪しいと疑ってかかるべきです。

親の規範意識には上記のような最低限の規範の他に様々な規範が刷り込まれています。そして、それは他人の勝手な都合による場合も多々あるのです。また、迷信レベルのものもかなりあるでしょう。

それは親や周囲の大人から刷り込まれてきたものです。

その刷り込みは、人生を自由に生きさせない、いわば見えない鎖のような働きをしてしまいまい、人生を大きく束縛します。

自分の愛する子どもに鎖をかけたいですか?

自分の愛する子どもが見えない鎖に束縛された人生を送ることを望みますか?

そんなことありませんよね。

であるならば、子どもには極力自らの規範を刷り込まないように強く意識する必要があります。規範を教えるのも社会生活上最低限のものに限るべきです。

tebielyc / Pixabay

さて、話が少し脱線したので、今回のテーマ「忍耐」に戻りましょう。

腹が立つこともありましょうが、耐え忍んで、冷静に対処してくださいね

っていうのが今回ハピリプでお伝えしたいメッセージです。

最後に、このことに参考になるお話を一つご紹介します。

タルムード(「タルムード」で詳述していますので、未読の方はぜひご覧ください。)の中にヒレルというラビが語った言葉が紹介されています。

ヒレルはイエスキリスト以前にバビロニアで産まれた人のようです。

貧しかったため苦学して、とうとうラビの大僧正になりました。

そのヒレルの言葉の中の一つをご紹介し、今回の締めとさせていただきます。

ラビ・M・トケイヤー氏著「ユダヤ5000年の知恵」(講談社+α文庫)より引用。

(引用開始)

忍耐力のない人は教師にはなれない。

(引用終わり)

親も同じです。

忍耐力のない人は親になることはできません。

ではでは。

※子育てについての記事は「まとめ「子育て」編」にありますので、ぜひご覧ください。また、ハピリプの子育て以外の記事は「サイトマップ」にまとめていますので、よかったらこちらもご覧ください。ハピリプがあなたの幸せに少しでも貢献できたら嬉しく思います。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: タルムード, 子育て タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す