人生バンジージャンプっす!※漫画しあわせアフロ田中ネタバレあり

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

今回は週刊スピリッツで連載中の

のりつけ雅春氏著「しあわせアフロ田中」第36話

(平成28年NO.26)(通巻NO1841)

について、あらすじにハピリプなりの感想と視点を加えてお話ししたいと思います。

以下ネタバレもありますので、ご注意ください。

「しあわせアフロ田中」はアフロヘアをした田中宏(以下「田中」といいます。)を主人公にしたほのぼのとした漫画です(概要は「のりつけ雅春氏著「しあわせアフロ田中」(小学館)※ネタバレあり」にありますので、未読の方はこちらをまず参照してください。)。

Unsplash / Pixabay

 

さて、今回ご紹介する第32話ですが、

田中が一緒にゲストハウスを作っている「ミホ」が仲間に進言します。

ミホのセリフが秀逸なので、まずは引用してみましょう。

(引用開始)

「もう、いーじゃん。オープンしちゃったらどうなの?」

「いや、そもそも、こんな手作りの宿なんてものはね、」

「完全に完成したとしても中途半端なものよ!!」

「だって・・・素人大工が作ったんだから・・・」

「でもね!!そこがいいの!!!このゲストハウスは!!!」

「この手づくり感!!子どもの頃の秘密基地な感じ!!」

「この完成されていないところが!!!魅力なの!!」

(引用終わり)

田中やその仲間たちはゲストハウスを自分たちで手づりして、オープンを目指しています。

まだまだ完成したとはいえない状況でミホがもうオープンしちゃおうと言います。

他の仲間たちはもっとしっかり完成してからオープンしようとしているのですから、ミホの言葉にびっくりです。

geralt / Pixabay

びっくりではありますがハピリプはミホの進言に従うことをオススメしたいと思います。

何かやろうとするとき、どうしても

ちゃんと準備できてから

と思ってしまいがちです。

しかし、

ちゃんと準備ってどんな状態ですか?

やったことがない状態で(経験値のない状態で)ちゃんと準備といっても何がちゃんとした準備なのかはわからないのです。

そんなことではいつまでたっても始めることができません。

ならばどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単です。

ある程度準備ができた段階で踏み出すこと

です。

そして、やりながら修正していくこと。やっていくうちにいろいろ見えてくるので、その都度修正すればいいのです。

ポイントは踏み出すこと!!!

ミホのセリフは踏み出すための後押しになります。

しあわせアフロ田中

のんびりほのぼのした漫画ですが、真理をずばっと突く凄い漫画です。

ではでは。

※本の紹介についての記事は「まとめ「本を紹介」編」にしあわせアフロ田中については「まとめ「しあわせアフロ田中」編」ありますので、ぜひご覧ください。また、ハピリプのそれ以外の記事は「サイトマップ」にまとめていますので、よかったらこちらもご覧ください。ハピリプがあなたの幸せに少しでも貢献できたら嬉しく思います。

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 本を紹介 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す