虐待の連鎖

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

先日、「不適切な親が多すぎる!」の中で、残念ながら不適切な親が多いのが現実であり、その原因を次回以降探っていくというお話しをしました。

そこで、今日は不適切な子育ての原因を探っていきます。

不適切な子育てとして、一番わかりやすいのが

虐待

です。

厚生労働省のホームページによると、虐待には

①身体的虐待(殴る、蹴るなど)

②性的虐待(子どもへの性的行為など)

③ネグレクト(食事を与えないなど)

④心理的虐待(言葉による脅しなど)

があるとされています。

これらのいずれもが不適切な子育てであることはいうまでもありません。

というか、傷害罪、強制わいせつ罪、保護責任者遺棄(致死)罪、脅迫罪などの犯罪になってしまいます。

実際、虐待による逮捕のニュースは枚挙に暇がありません。ネット上のニュースをいくつか紹介してみましょう。

 

「19歳の母親が4か月の次女を床に落とす」

「広島・呉市男児死亡 死因は栄養不足による衰弱死か」

「次男「まるで汚い動物のように扱い・・」両親に求刑」

「5歳長男に「なめた口をきく」と暴行 両親を逮捕」

 

犯罪であり、逮捕までされてしまうのに、なぜかかる行為に及んでしまうのでしょうか?

Alexas_Fotos / Pixabay

一つ考えられるのが、よく言われている虐待の連鎖です。

加害者である親自身が自分の親から同じように扱われていた可能性が高いです。

ほとんどの親は、自分の育てられ方がスタンダードになり、それ以外の子育ての方法を知りません。

恐らく、虐待行為をしている最中、悪いことをしているという意識は極めて希薄なのではないでしょうか。むしろ叩いたり蹴ったりすることが正しい子育てだと思い込んでしまっているのです。深刻な結果が生じて始めてまずいことをしたと思い至ります。

 

Counselling / Pixabay

 

子育てにおいて、

「連鎖」

が一つの重要なキーワードになります。

 

ここではまず

「虐待が連鎖する」事実

が存在することを押さえておきたいと思います。

 

次回以降さらにさらに深く掘り下げて行きます。

 

ではでは。

※ハピリプの記事はこちら(サイトマップ)にまとめていますので、よかったらご覧ください。

※子育ての記事は「まとめ「子育て」編」にまとめていますので、よかったらご覧ください。

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 子育て タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す