子育てにアプローチすることの意義

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチの森陽(もりあきら)です。

ハピリプコーチングにお越しいただき、ありがとうございます。

このところ小石川真実氏著「親という名の暴力」(高文研)を中心にいわゆる「毒親親問題」について語っています。

子どもは産まれてからしばらくの間は圧倒的に無力な存在です。親の助けなくては生き延びることは不可能です。そして、親がどのように関わるかによってその子の人生は大きく左右されます。

親が適切に子どもと関わることができれば、その子は圧倒的に幸せに成長していきます。

幸せに成長した子どもは世の中を幸せにするために貢献してくれるでしょう。

私は人生の起点である子育てにアプローチすることにより圧倒的に幸せな世界を実現させようとしています。

たかが子育てと侮ることなかれ。

子育てによって世界を圧倒的にポジティブに変えることができます。

今回は以上です。

苫米地式コーチング認定コーチの森陽でした。

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: コーチング, 子育て, 毒親 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す