子ども目線での親孝行

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチの森陽です。

ハピリプコーチングへようこそ。

ここ1か月ほど平日は毎日ブログを更新しています。

小石川真実氏著「親という名の暴力」(高文研)を題材にして主に毒親問題について語っています。

「まとめ「親という名の暴力」編」

今回は毒親問題を語るにあたり、必ず遭遇する「親孝行」について考えてみることにしました。

「親孝行(総論)」

前回(「親目線での親孝行」)と今回で親孝行の各論を語っていきます。

今回は子どもの目線から親孝行を語ろうと思います。

子ども目線での親孝行

ambermb / Pixabay

 

前回の記事「親目線での親孝行」の中で、親から見て親孝行とは

子どもが幸せに生きること

だけだというお話をしました。

子どもが幸せに生きていてくれるだけで親としては嬉しいものです。

ですから、子どもの立場に立って親孝行を考える場合、何よりも子どもである自分が幸せに生きることです。

自分が幸せに生きていれば親孝行として十分です。

とはいうものの、親にいろいろしてあげたいという感情が沸いてくる人もいるでしょう。

それは何の問題もありません。

自分のwant to(~したい)に従って親に何かしてあげればよいです。

ただし一つ注意が必要です。

親孝行がhave to(~しなければならない)になっていないかです。

残念なことに日本社会は儒教が支配していますので、「親孝行すべき」という有形無形の圧力が働きます。ですから親孝行を考えた場合、無意識のうちにhave toが支配的になっている場合がありますので、その点だけ注意深くご自身の内心の動きを観察してください。

have toが一つもなく、want toだけならどんどん親に何かしてあげるとよいでしょう。

旅行に連れて行ってもいいし、何かプレゼントしてもいいし、孫の写真を送るだけだってかなり喜ばれます。

親に支配されるのはいただけませんが、親に優しくしてあげるのは何の問題もありません。

大切なことなので繰り返しますが、あくまでwant toでです。

一つでもhave toを感じるなら、何もしなくてよいです。

ただあなた自身が幸せに生きていればそれだけで十分に親孝行だからです。

今回は以上です。

苫米地式コーチング認定コーチの森陽でした。

「サイトマップ」

「まとめ「親という名の暴力」編」

「まとめ「儒教批判」編」

 

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: コーチング, 子育て, 毒親 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す