子どもが夢を語ったとき親はどうしますか?

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチの森陽(もりあきら)です。

 

ハピリプコーチングにお越しいただき、ありがとうございます。

 

「親」という存在は子どもの庇護者であり、愛情を与える存在であり、そもそも生命を与えてくれた存在です。子どもにとって親はそれはそれは大切な存在であり、子どもは親を強く愛し、また親の愛情を強く求めます。

 

あらん限りの愛情と知恵をもって素晴らしい子育てができる親ももちろんいます。

 

しかし、他方で、自らの情緒の不安定さにより、または智恵の不足から極めて不適切な子育てをしてしまう親も残念ながらいます(愛情の不足ではありません。)。いわゆる「毒親」と呼ばれる存在です。

 

以前の記事で小石川真実氏著「親という名の暴力」(高分研)という本を紹介しました。

この本は東大を出て医者になったものの、毒親に育てられた精神の歪みにずっと苦しめられていた著者(以下「真実さん」とお呼びします。)が自らの体験を赤裸々に語ったものです。

 

この本に書かれていることは私のゴールにとってとても大切なものですので、時間をかけてこの本に関連したお話を少しずつ語っていこうと思います。

 

 

前回の記事で

 

「子どもがお手伝いしたとき親はどうしますか?」

 

で真実さんの母親の言葉をご紹介しました。

実に酷い言葉であり真実さんがとても傷ついたことは想像に難くありません。

「親という名の暴力」ではその他にも母親の言葉が多数記載されており、そのほとんどが不適切なものです。

視点を変えると、親ならば言ってはいけない言葉を集めた「べからず集」としての意味を持ちますので、今回の記事ではさらに母親の言葉を紹介しながら考察を加えていこうと思います。

 

今回は

「子どもが夢を語ったとき」

のお話をします。

子どもの夢は親には現実離れしているように聞こえることもよくあります。

 

さて、どう接しますか?

 

子どもが夢を語ったとき親はどうしますか?

gejedeg / Pixabay

 

 

真実さんは日本最高峰である東京大学を卒業し医者になっています。もともと持っていた優秀さに加え、半端ではない努力をした結果です。これはもの凄いことです。

ただし、そんな真実さんですが、中学時代「医者」以外の夢を持ったことがあるそうです。

一つは「数学者」でありもう一つは「芝居」です。

その夢を母親に告げたとき返ってきたのが次の言葉です。

母親の言葉を引用します。

(引用開始)(数学者について)

「研究室のカビになって、一生終わる積もり?」

(引用終わり)

(引用開始)(芝居について)

「水商売のアルバイトをして、通行人で終わるのがオチよ。それでも後悔しない?」

(引用終わり)

以下これらの言葉について私なりの検討を加えます。

まず数学者について。

研究室の「カビ」とはかなり比喩的な表現ですが、恐らくずっと研究室に籠(こ)もって研究を続けることになるということを言いたいのでしょう。

前提には研究室に籠もる生活に対するネガティブな評価があります。

母親自身が研究室に籠もることが嫌だというのは分かります。しかし、数学が好きな人にとっては研究室に籠もって数学ばかりやれることは嬉しくて仕方がないはずです。自分の好き嫌いが他人も同じだと考えるのは傲慢だというべきです。

また、「カビ」という表現ですが、数学者の社会への貢献を考えると侮辱も甚だしい表現です。数学者の社会への貢献の例としてはゲーテルが不完全性定理を証明したことが挙げられます。これは人類の世界を一変させる証明です。数学者を「カビ」という表現で片付けることもまた傲慢であり、あまりに無知であると言わなければなりません。

次に芝居についてです。

確かに芝居を生業としている人の多くは経済的に恵まれないかもしれません。また芝居自体でも頭角を現せないかもしれません。

しかしだから「駄目」だというのはあまりにも一面的な見方です。

仮に頭角を現せなくても芝居が好きでやっているならそれはそれで幸せなことです。

また頭角を現せないと決めつけるのも論理的ではありません。現に芝居で頭角を現し、経済的にも大成功している人だってたくさんいます。少なくとも子どもの夢を親が一撃で否定していいわけがありません。

親に夢を否定されて子どもがその夢を持ち続けることは著しく困難です。

夢を潰す存在のことをコーチングでは「ドリームキラー」と呼びます。

親は決して子どものドリームキラーになってはいけません。

今回は以上です。

 

苫米地式コーチング認定コーチの森陽でした。

 

サイトマップ

まとめ「親という名の暴力」編

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: コーチング, 子育て, 毒親 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す