夢を実現できるような力を育む

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチの森陽(もりあきら)です。

ハピリプコーチングにお越しいただき、ありがとうございます。

ハピリプコーチングでは「子育て」にアプローチすることに力を入れています。子育てによって世界を圧倒的にポジティブに変革することができるからです。

「子育てにアプローチすることの意義」

コーチングも子育ても根っこは一緒であり、子育てにもコーチングはもちろん応用可能です。

「コーチングも子育ても根っこは一緒」

本稿ではコーチングを通して子育てのヒントを述べていきます。

夢を実現できる力を育む

stux / Pixabay

私のコーチングの師匠である苫米地英人氏は著書の中で「すべての子どもはもともと個性的」である旨述べられています。

苫米地英人氏著「0~5歳で決まる!脳の力を無限に引き出す幼児教育」(扶桑社)より一部引用します。

(引用開始)

子どもが将来、

「僕は○○になりたい」

「私は○○がしたい」

と思ったとき、その夢を実現できるような力を育んであげることこそが、親の役割であり、子どもの幸せな人生の実現につながるのです。

 

(引用終わり)

子育てをするとき、親は子どもの幸せを願っています。

幸せを願うから、子どもに「○○になって欲しい」という願望が生じます。

一流企業のサラリーマンや公務員になって欲しい

医者になって欲しい

アイドルになって欲しい

などなど。

親の願望を子どもは敏感にくみ取りますから、親の願望通りの人生子どもが送るというのはよくあることです。

親の願望通り子どもが一流企業のサラリーマンになったとしましょう。世間からみたらうらやましい限りかもしれません。

しかし、本人のやりたいことが別にあったとするならば、その子にとって幸せとはいえないのです。

ですから、親の価値観に基づいて子どもに「○○になって欲しい」という縛りを与えることは避けるべきです。

このことを極端につきつめると、親は生存に必要な養育以外は何もしない方がいいということになりかねませんが、そうではありません。

では親がやるべきことは何なのでしょうか?

それは、苫米地英人氏が指摘するように

子どもが何らかの夢を持ち、それ実現させたいと願ったとき、それを実現できるような力を育(はぐく)んであげること

です。

子どものうちに伸ばしておかなければ成長してから伸ばすことが難しくなる能力があります。

また、無意識のコンディショニングも必要です。

これらは子ども自身がすることはできず、成長してからしようとすると不可能ではないものの多大な労力を必要とするものです。

ですから、この部分は親がしっかりと子どもに与えておく必要があります。

親抽象度の低い期待を持たず、子どもが望んだのならどんな夢でも実現できるような力を育むこと。

いわば人生の土台を築くということ。

これが親の役割です。

今後さらに詳細に語っていきます。

今回は以上です。

苫米地式コーチング認定コーチの森陽でした。

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: コーチング, 子育て タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す