魂に幸福あれ

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチの森陽(もりあきら)です。

 

ハピリプコーチングにお越しいただき、ありがとうございます。

 

「親」という存在は子どもの庇護者であり、愛情を与える存在であり、そもそも生命を与えてくれた存在です。子どもにとって親はそれはそれは大切な存在であり、子どもは親を強く愛し、また親の愛情を強く求めます。

 

あらん限りの愛情と知恵をもって素晴らしい子育てができる親ももちろんいます。

 

しかし、他方で、自らの情緒の不安定さにより、または智恵の不足から極めて不適切な子育てをしてしまう親も残念ながらいます(愛情の不足ではありません。)。いわゆる「毒親」と呼ばれる存在です。

 

以前の記事で小石川真実氏著「親という名の暴力」(高分研)という本を紹介しました。

この本は東大を出て医者になったものの、毒親に育てられた精神の歪みにずっと苦しめられていた著者(以下「真実さん」とお呼びします。)が自らの体験を赤裸々に語ったものです。

 

この本に書かれていることは私のゴールにとってとても大切なものですので、時間をかけてこの本に関連したお話を少しずつ語っていこうと思います。

 

今回は切実に求める「魂」のお話をします。

 

魂に幸福あれ

 

macayran / Pixabay

真実さんは主に母親にはめられた鋳型(いがた)により、自分本来の感じ方や行動を著しく制限して暮らしてきました。

 

「鋳型をはめる親(その1)」参照

 

これが続くと自分本来の感じ方や自分が本来したい行動というのが自分でもわからなくなっていきます。

 

真実さんは「魂」という表現をよく用いますが、魂とは自分本来の感じ方やそこから出てくる行動のことも指すだろうと思われます。

魂は鋳型により奥底に封印されますが、しかし死に絶えることはありません。

 

鋳型による封印に耐えきれなくなり、本来の魂を取り戻そうと真実さんは筆舌に尽くしがたい経験をされます。

 

両親や医者などの無理解により真実さんの魂は傷つけられ続けます。しかし、それでも真実さんは自らの魂をあきらめることなく奮闘しつづけ、「親という名の暴力」という素晴らしい本を出すまでに至りました。

 

真実さんの魂に幸福あらんことを心からお祈りします。

 

真実さんにだけでなく、私にもあなたにも魂と呼ぶべきものが存在します。

 

それは物理現象だけで見ると脳が発する電気的信号にすぎないのかもしれませんが、各人の主観にとってはとてもとてもとても大切なものです。

 

各人の完全なる主観で構わないのです。

 

主観かもしれませんが、しかしとてもとてもとても大切なものがあるのです。それは目の前に示されることはなくても誰もがわかっているはずのものです。

 

今回は以上です。

 

苫米地式コーチング認定コーチの森陽でした。

 ※サイトマップ

まとめ「親という名の暴力」編

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: コーチング タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す