1000年後の地球人の幸せのために

PIRO4D / Pixabay

こんにちは、森陽(もりあきら)です。

今回もコーチング理論のど真ん中

「ゴール」

についてのお話をします。

Pexels / Pixabay

 

苫米地式コーチングではゴール設定を強く推奨しています。

さらに、ゴールは人生のあらゆる分野にまんべんなく複数設定するよう推奨します。

ゴールは複数あってよいのですから、抽象度が低いゴールがあっても全く構いせん。

むしろ、抽象度の低いゴールであってもゴールを設定しないよりははるかに望ましいです。

なぜならば、抽象度の低いゴールでも、ゴールを設定してそこに向かって邁進すれば、スコトーマが外れて新たなゴールが見つかる可能性があるからです。

とは言うものの、できれば複数あるゴールのうち一つくらいは抽象度の高いものにして欲しいとも思います。

抽象度の高いゴールはより多くの人の幸せを包摂するからです。

抽象度の高いゴールを設定するためのヒント

 

抽象度の高いゴールを設定するために私から一つのヒントをご提供しようと思います。

これは今回の記事のメインテーマであり、私がずっと考えてきたことでもあります。

それは

1000年後の地球人の幸せのために

という視点です。

今はまだ生まれてすらいない人のために。

そして家族や友人だけでなく、日本人だけでなく、地球人全員の幸せに貢献することを目指すのです。

ゴールは物凄く壮大になりますから、日々の活動の一つ一つの結果はすぐには見えないかもしれません。しかし、時間をかけて偉大な結果が生まれてきます。

そんな活動を日々積み重ねていくのです。

歴史に思いをはせると、そんな活動をしていた先人がたくさんいることに気が付きます。

このブログのタイトルは

森陽のハピリプコーチング

といいます。

ハピリプとはハッピーリップルの略です。

→詳しくは「ハピリプとは?」参照

幸せの石を投げ込み、小さな波紋どんどん大きくなっていきます。

1000年後の地球人のためにとなれば、目先の利益よりより本質に近い貢献を意識するように必ずなります。

自分の死後を視野に入れて、この世に大きな影響を残すのです。

私たち一人一人が、そんなことができる存在なのですよ。

森陽でした。

 

※参照

サイトマップ

まとめ「コーチング」編

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: コーチング タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す