褒めて褒めて褒めてひらすら褒めるまくる!

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

先日「子育ての肝」の中で、

子育ての肝(きも)は

子どものエフィカシーを高くすること

だというお話しをしました。

geralt / Pixabay

 

今回は一段抽象度を落とし、子どものエフィカシーを高めるための具体的方法のお話しをします。

エフィカシーとは「自己の能力に対する自己評価」のことを言い、エフィカシーが高ければ高いパフォーマンスを発揮でき、逆にエフィカシーが引くければ低いパフォーマンスしか発揮できないという関係にあります。

一体どうしたら子どものエフィカシーを高めることができるでしょうか?

子どものエフィカシーを高める具体的方法はいくつもあり、今回はその一つをご提示します。シンプルで誰にでもでき、とても効果の高い方法だけど、意外とおろそかにされている方法ですです。

 

 

geralt / Pixabay

 

それは、

「褒める」

ことです。

ご自分のことを振り返ってみて欲しいのですが、褒められたら嬉しいし、自信がつきますよね?

あなたの子どももまったく同じです。褒められたら嬉しいし、自信がつきます。

子どもは親に褒められることによって自信をつけ、エフィカシーを高めていきます。

であるならば親としてとるべき戦略は簡単です。

子どもを

ひたすら褒める

です。

もうそれどころか

褒めて褒めて褒めてひたすら褒めまくる!!

ですね。

 

 

そんなことをしたら子どもが天狗にならないか心配ですって?

いいんです、天狗になって。

 

jackmac34 / Pixabay

 

天狗なっている状態はエフィカシーが極めて高い状態です。エフィカシーが高いので、がんがん行動して高いパフォーマンスを発揮しまくるでしょう。

周囲の人は眉をひそめるかもしれませんが、そんなことは気にする必要ありません(「KY上等!」を参照してください。)。

子どもが天狗になったらこう言いましょう。

凄いね!さすが君だね!

そして、今取り組んでいることが簡単そうだったら、ゴールを思いっきり引き上げてあげましょう。

次は何を目指す?君ならできるよ!

注意点としては子どものゴールを設定するときに親の価値観を徹底的に排除することですね。あくまで子どもが心から欲するゴールを設定することが大切です。

 

ijmaki / Pixabay

 

ひらすら褒めまくる!って難しそうですか?

そんなことないですよね。

ただ褒めることをいつも意識して実践すればいいだけですもん。

大丈夫。できますよ。

だって、あなたは「親」なんですから。

ではでは。

※子育てについての記事は「まとめ「子育て」編」にありますので、ぜひご覧ください。また、ハピリプの子育て以外の記事は「サイトマップ」にまとめていますので、よかったらこちらもご覧ください。ハピリプがあなたの幸せに少しでも貢献できたら嬉しく思います。

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 子育て タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す