人間関係を水平に捉える

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチ 森陽(もりあきら)です。

本稿はハピリプコーチング「人間関係」編をお届けします。

geralt / Pixabay

私自身の人生を振り返ってみて、そして周囲を観察していると、多くの人が人間関係に悩みを抱えています。きっとあなたも人間関係に何らかの悩みを抱えているのではないでしょうか?

他方で、人間関係構築がとっても上手くいっているように見える人もいます。なぜか彼(彼女)の周囲はいつも楽しそうなのです。

人間関係が上手く行っていると、大抵のことが楽しく感じます。

人間関係が上手く行くってなんて素敵なんでしょう!

実は、人間関係がうまくいっている人にはとある共通点があります。

それは人間関係がうまくいっている人が共通して持つ「とある視点」です。

私もの体験からも「とある視点」を意識し始めてから、人間関係が飛躍的に上手くいくようになりました。

「とある視点」

何だと思いますか?

1分間でいいのであなたご自身の脳を使って考えてから先に進んでください。

 

逆に人間関係で苦しんでいる人の共通点

Ben_Kerckx / Pixabay

まずは逆から考えてみましょう。

あなたの周囲で人間関係が上手くいかなくて苦しんでいる人たくさんいますよね。

その人たちの人間関係はなぜうまくいかないのでしょうか?

要因は様々でしょうが、一つ共通するものがあります。

それは

人間関係を上下で捉えている

ことです。

人間関係が上手くいっていない人は常に自分が上か下かを意識しながら人間関係を構築しています。「マウンティング」という言葉がありますが、常にそれをやっているのです。男性に圧倒的に多いですが、女性でもやりがちなことです。女性のマウンティングをテーマにしたテレビドラマもありましたから、マウンティングは男性特有の現象ではないことがわかります。

組織での地位、恋人の有無、お金持ちかどうか、容姿の優劣、学校での成績の優劣、運動神経の優劣、友達の数etc.

様々な要因で上下を判断します。

人間関係を上下に捉えると、どうしても

上には卑屈になり下には尊大

になってしまいます。

人は卑屈な人を大切に扱いませんし、尊大な人を好きになることもありません。そもそも、卑屈になったり尊大になったりする自分を自分ですら好きになれないでしょう。

また、上か下かを考えて人と接していては、安心して人付き合いができません。上に対しては過剰に気を使わなければいけませんし、下が自分に無礼を働こうものなら心穏やかではいられません。このことは人間関係にお悩みの方は皆感じているはずです。

では、どうすれば人間関係をうまく構築できるのでしょうか?

ここまでのお話からすでに答えが出ていますね。

人間関係を水平に捉える

succo / Pixabay

人間関係がうまくいかない人の共通点は

人間関係を上下で捉えている

でした。

ということは、人間関係をうまく構築するには

人間関係を水平に捉える

ことです。

人間関係を水平に捉えれば、上だとか下だとかに悩まされることもありません。

誰に対しても同じように接しますし、誰かが自分に対して「生意気」に接したなどと思うこともありません。

目線が常に対等ですから、特段気負うこともありませんので、常に安心していられます。

人は付き合う相手の情動を敏感に察しますから、自分が安心出来なければ相手も安心できません。そして、安心出来ない相手と心の交流を円滑に持つことは難しいのです。

そもそも論ですが、人間の上だ下だなのというのは幻想に過ぎません。幻想に振り回されて卑屈になっったり尊大になったりするのは馬鹿らしいことです。

たったそれだけのこと

geralt / Pixabay

以上から、人間関係をうまく構築するコツは

人間関係を水平に捉える

という、たったそれだけのことです。

にも関わらず、

できるわけがない

とか、

そんなはずはない(人間には上下があるはずだ)

という反発が出てくる方もきっといるでしょう。

ここではあえてその反発を否定するつもりはありません。

ただ、観察してみてほしいのです。

人間関係が上手くいっている人の人間関係の捉え方と人間関係が上手くいっていない人の人間関係の捉え方の違いをよくよく観察してみてください。

もし余裕があるなら、その人たちの心の中がどうなっているのかイメージできるとより良いです。

さらにできるなら、ご自身の中にある「上下」を一度脇に置いてみる経験ができると最高です。自分もお年寄りも子どもも社長も部下も男性も女性も「人として対等な存在」と捉えてみてください。実際そうではないとお思いかもしれませんが、そうだという前提でやってみるのです。

やってみて、ご自身の中で生じる変化を観察してみてください。

「はっ」とするはずです。

苫米地式コーチング認定コーチ 森陽でした。

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: コーチング, 人間関係 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す