憎しみの手放し方その2

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

先日は「憎しみの手放し方その1」というお話をしました。

憎しみを手放す方法として「A(憎んでいる人)の幸せを祈ります」と声に出すというものでした。行動を変えることで、感情を変えていこうというアプローチです。

自分が発した憎しみはまるでブーメランのごとく自分に返ってきて自分をぐちゃぐちゃに傷つけるので、憎しみはなんとしても手放すことが必要です(「憎しみを手放そう」、「ブーメランの法則」参照)。

今日はもう一つの憎しみの手放し方をご紹介します。今日の方法論は上級編です。少し難しいですが、上手くいくと劇的に効果のある方法ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

まずあなたの憎しみをあなたの目の前に出します。これは憎しみのイメージを想像上目の前に具現化するものです。おどろおどろしい形をしているかもしれませんし、特にしっくりくるイメージがなければ丸い玉でもかまいません。その場合、玉に色をつけてみてください。生み出したイメージにできるだけリアリティを持たせるよう試みてください。

そして、生み出したイメージを床に置きます。

これだけです。

たったこれだけで、憎しみが持つ破壊力を消し去ることができます。

これは脳内にある情報空間を自分の意志で制御しコントロールしようとするものです。これがうまくいけば、感情をかなり上手にコントロールできるでしょう。

とはいうものの、慣れていない人にとっては難しいと感じるかもしれません。

そこで、少し難易度を下げた方法もご紹介しておきます。

目の前にあるものなら何でもいいので手にとってください。鉛筆とか腕時計とか箸とかスマホとかなんでもいいです。そして手に取ったものにあなたの憎しみを吸い取らせます。そしてそれをテーブルか床に置きます。

原理は最初の方法と同じですが、目に見える物を介在させるとやりやすくなるのではないでしょうか?

それでも難しいと感じるかもしれませんね。

しかし、練習しているうちにうまくできるようになります。基本、脳味噌コントロールだけなので、周囲からは何をしているかわかりませんし、ぜひ練習してみてください。

ではでは。

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 幸せに生きるための考え方, 自殺防止プロジェクト タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す