鋳型をはめる親(その4)

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチの森陽(もりあきら)です。

 

ハピリプコーチングにお越しいただき、ありがとうございます。

 

「親」という存在は子どもの庇護者であり、愛情を与える存在であり、そもそも生命を与えてくれた存在です。子どもにとって親はそれはそれは大切な存在であり、子どもは親を強く愛し、また親の愛情を強く求めます。

 

あらん限りの愛情と知恵をもって素晴らしい子育てができる親ももちろんいます。

 

しかし、他方で、自らの情緒の不安定さにより、または智恵の不足から極めて不適切な子育てをしてしまう親も残念ながらいます(愛情の不足ではありません。)。いわゆる「毒親」と呼ばれる存在です。

 

以前の記事で小石川真実氏著「親という名の暴力」(高分研)という本を紹介しました。

この本は東大を出て医者になったものの、毒親に育てられた精神の歪みにずっと苦しめられていた著者(以下「真実さん」とお呼びします。)が自らの体験を赤裸々に語ったものです。

 

この本に書かれていることは私のゴールにとってとても大切なものですので、時間をかけてこの本に関連したお話を少しずつ語っていこうと思います。

 「鋳型をはめる親(その1)」「鋳型をはめる親(その2)」「鋳型をはめる親(その3)」で真美さんの母親が真美さんにはめた「鋳型」について語ってきました。

今回もまた鋳型について語っていきます。

※鋳型の定義は「鋳型をはめる親(その1)」にあります。

 

鋳型をはめる親(その4)

stokpic / Pixabay

 

親に鋳型をはめられることは本当に辛いことです。

はっきり言って刑務所の方がマシなくらいです。

「鋳型をはめる親(その3)」

ですから、親は何としても子どもに鋳型をはめるような行為は慎んでいただきたいと願います。

こういうと、次のような反論が予想されます。

どんなに親が鋳型をはめようとしたって子どもの方が鋳型にはまらなければいいだけじゃないか

というものです。

しかしながら、この反論は完全に的外れだと言わなければなりません。

幼い子どもにとって親は神様にも等しい存在です。

「親は神様」

神様が鋳型をはめようとしてきてそれを拒絶できる子どもは存在しません。

100パーセント鋳型をはめようとした親に責任があります。

この論理は毒親問題全般に当てはまります。

子どもが毒親に苦しんでいるとして、その責任は100パーセント親にあるのです。

毒親問題を考える際、この認識はとても重要です。

今回は以上です。

 

苫米地式コーチング認定コーチの森陽でした。

サイトマップ

まとめ「親という名の暴力」編

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。

正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。
ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。

カテゴリー: コーチング, 子育て, 毒親 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す