不適切な親が多すぎる!

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

今日からハピリプ「子育て」編本格スタートします。

第一弾は「不適切な親が多すぎる!」というお話をします。

親に適切な養育を施された子どもは幸せです。すくすくと育ち、自由に人生を謳歌できるようになるでしょう。

しかし、残念なことに、子どもに適切な養育を施せない親がたくさんいるのが現実です。

johnhain / Pixabay

暴力をふるう親がいます。

暴言を吐く親がいます。

ネグレクト(育児放棄)をする親がいます。

子どもに無関心な親がいます。

子どもに過干渉な親がいます。

子どもを自分の所有物だと思っている親がいます。

子どもと自分を同一視する親がいます。

子どもを奴隷だと思っている親がいます。

子どもに対して何をしてもいいと思っている親がいます。

自分は子どもより価値が高いと思っている親がいます。

子どもの将来を束縛する親がいます。

子どもをバカにする親がいます。

子どもの能力を限定する親がいます。

子どもに自分の価値観を押し付ける親がいます。

子どもを自分の見栄の道具にしようとする親がいます。

子どもに自分の不安定さを押し付ける親がいます。

子どもと接する時間が極端に少ない親がいます。

子どもの前で平気で泥酔する親がいます。

子どもの前で平気でたばこを吸う親がいます。

子どもの夢を否定する親がいます。

子どもの成功に嫉妬し足を引っ張る親がいます。

子どもの可能性を限定する親がいます。

子どもに生存を保障すれば十分だと考えている親がいます。

子育てを学ぼうとしない親がいます。

コーチングの知識が圧倒的に不足している親がいます。

挙げたらきりがありません。

thisguyhere / Pixabay

子育てが適切になされなければ、子どもの可能性を著しく限定してしまいます。

どこかに必ず歪みが生じます。

それは目に見える場合もありますし、見えない場合もあります。

iquraishi / Pixabay

多くの人は自分の親に何かしらの不満があったと思います。

そして、多くの場合、親の子育てに何かしらの欠陥があったはずです。

子育てが適切になされないのは実に不幸なことです。

子どもの可能性を著しく限定してしまうからです。

次回以降、なぜ子育てが適切になされないのか、その原因を探っていこうと思っています。

ではでは。

※子育ての記事はこちらにまとめていますので、よかったらご覧ください。

※ハピリプの記事はこちらにまとめていますので、よかったらご覧ください。

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 子育て タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す