ゴールが先、方法は後~INVENT ON THE WAY

こんにちは、森陽(もりあきら)です。

突然ですが、こんなご経験はないでしょうか?

あなたにはやりたいことが思いつきました。

しかし、それをやる方法は全く分かりません。

それでやりたいとやりたいと思い続けることが苦しくなってやりたいことから目をそらして見ないようにしてしまいます。

「やりたいことが思いつくけど、どうせ無理だと諦める」

です。

いかがですか?

今回はそんなあなたに向けて記事を書いています。

苫米地式コーチング理論の核心部分である「ゴール設定」についてのお話しです。

私は魂を込めてこの記事を書きます。

どうぞ真剣に読み、そして行動に落とし込んでください。

そしてあなたの人生は確実に進化します。

では始めましょう。

 

ゴールが先、方法が後

 

e0ccb17dbbc11bf046ba2c5b9e76f05f_s

 

やりたいことが思いついたとします。

しかし、それをやる方法は全く分かりません。

方法が全く分からない状態でやりたいことを見続けることは心理的な苦痛を伴います。

だから多くの人はやりたいことを「見る」ことをやめてしまいます。

どうせ無理だとあきらめるのです。

あきらめてしまえば、やりたいことをやれる可能性は限りなくゼロに近づきます。

井上雄彦氏著「スラムダンク」(名著です。)のキャラクターである安西先生の有名なセリフにあるとおり

「あきらめたら試合終了」

なのです。

ならば、やることは一つ。

どんなに苦しくても

やりたいことを見続ける

のみです。

やりたいことを見続けても方法が分からなければ意味がないと思われるかもしれません。

そう思われるからこそ見続けることをやめてしまうのです。

しかし苫米地式コーチング理論の神髄はここからにあります。

やりたいことを見続けると、方法が見えてくる

のです。

にわかには信じられないかもしれませんが、事実そうです。

 

ここで、私の師匠である青山龍氏(苫米地式コーチング認定マスターコーチ)(以下「青山氏」といいます。)の動画をご紹介しますので、こちらをご覧ください。

青山氏の凄さというかぶっとび具合がよく伝わってきます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

この動画で青山龍氏が話されていることのポイントはもちろん

「ゴールが先、方法が後」

ということです。

方法については特に「お金」を例に挙げて話をされています。

青山氏は苫米地博士のコーチングを受けるとき、お金の目途が完全には立たない状態で申し込みました。

ホントぶっとんでいます。

お金の目途が立たない状態で申し込み、そこからお金を作りに動きます。常人にできる行動ではありませんが、コーチング理論を極めた人の行動とはこういうものです。

ここを一つ頭に入れておいてください。

そのうえで、次は私の例をご紹介したいと思います。

 

苫米地式コーチング認定コーチ養成講座

 

img_1255-1

 

「私と苫米地英人氏」で詳しく書いていますが、私は2008年から苫米地英人氏(以下「苫米地博士」といいます。)の本を読み始め、2016年現在に至るまで苫米地博士の新刊が出るたびに購入して読んでいます。

ずっと苫米地博士の本を読んでいると、コーチングが人を幸せにするということが深く深く分かってきます。

割と早い段階で、

「コーチングができるようになりたい」

という願望が私の中に湧いてきました。

そのうち、苫米地式コーチング認定コーチの先輩たちがウェブ上でご活躍になるのを見るにつけ、私もそうなりたいという気持ちが私の中で強く強くなっていきます。

しかし、お金の目途が全くもって立ちません。

少し調べていただけるとすぐにわかりますが、苫米地式コーチングを習おうと思ったら高額の資金を用意しなければなりません。

しかも私は北海道に住んでおり、苫米地式コーチングを習うには東京まで行かなければなりません。時間的及び資金的ハードルはさらに高いものでした。

およそ無理だとすら感じていました。

が、それでも私は苫米地式コーチングを見続けました。

苫米地博士の著書を拝読することはもちろん、苫米地博士や青山氏をはじめ、先輩コーチたちのブログや動画を食い入るように見ていました。

その過程でPX2が札幌で開催される情報を入手し、実際にPX2を受講しました。

「PX2受講しました。」

そうしていると苫米地式コーチングの世界の臨場感が私の中でどんどんどんどんマグマのように高まってきます。

そんな中、突然資金調達の方法が私の脳内に飛び込んできます。

突然のひらめきに感じられるのですが、しかし、このひらめきは決して偶然ではなく私が「見続けた」結果湧いてきたものです。

私はそのひらめきを「がしっと」掴みました。

具体的方法を述べることはしませんが、周囲から見ればかなりぶっとんだ行動をして資金を獲得します。

私の行動は周囲から見れば馬鹿げた行動にも見えたかもしれません。

しかし、私にはこれしかないというほど明確なデシジョン(意志決定)でした。

少ない情報量しかない人にとっては無謀ともとれる行動ですが、私には「見続けた」結果得た莫大な情報量がバックグラウンドにあり、その情報からくだされた決断は極めて手堅いものなのです。

周囲からは無謀と思われようが、私には石橋をたたいて渡るがごとく手堅いこれしかないという一手です。

少し話がそれましたが、私まったく目途が立たなかった資金を実際に用意することができ、資金以外の障害もすべてクリアーして苫米地式コーチング認定コーチ養成講座に飛び込むことになりました。

飛び込んでみるとさらに視界が開けます。

素晴しい体験としかいいようがありません。

「見続ける」という簡単な行動の結果はかくもダイナミックなものなのです!

 

どうか見続けてください!

 

AdinaVoicu / Pixabay

師匠青山氏と私の例からお伝えしたいことは極めてシンプルです。

心から望むゴールを設定して、それを見続けてください。

ただそれだけです。

もちろん苫米地式コーチングにはゴール達成の方法論は無数にありますが、基本はゴールを設定してそれを見続けることだけです。

簡単なようですが、ほとんどの人ができていません。

ただ心から望むゴールを設定してそれを見続けるだけです。

たったそれだけのことですから、現在のリソース(使うことができる資源)が極めて乏しくてもできるはずです。

私は全ての人に幸せになってもらいたいと願っています。

そして、幸せは人から与えられることは決してありません。

自ら主体的に行動した人だけが幸せを掴み取ることができます。

幸せになるための行動の第一歩は

心から望むゴールを設定し、それを見続ける

です。

 

では、今回はこのくらいにしますね。

森陽でした。

 

(参照)

「サイトマップ」

「まとめ「コーチング」編」

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。

正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。
ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。

カテゴリー: コーチング タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す