iphoneやipadの革新性

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

先日

「子どもができなくて悩んでいるあなたへ」

「養子を迎えるという選択肢」

の中で、故スティーブジョブズ氏(以下「ジョブズ」といいます。)が養子として育てられたというお話をしました。ジョブズの養親はジョブズを通じてiphoneやipadという革新的な製品を世に送り出したと書きましたが、今日は「iphoneやipadの革新性」について深く掘り下げて言及しておこうと思います。

iphoneは2007年にジョブズ率いるアップル社から発売されたスマートフォン(携帯電話の一種)です。

それまで携帯電話の機能は主に通話とメールでした。インターネットを利用した情報収集もできるにはできたものの、パソコンのそれには遠く及ばない機能しかありませんでした。

そこにiphoneは携帯電話端末でパソコンとほぼ同等のインターネット環境を実現しました。外出先で何か調べたいものがあれば、即座にiphoneでウェブ検索できるようになりました。今いる場所や行先がわからなければ、即座にiphoneで地図を開くことができます。しかも、現在位置をiphoneが教えてくれます。これは紙の地図にはなかった機能です。

これだけではありません。

iphoneには「app(アプリ)」というものが搭載されていて、このアプリを使うことで様々なことができるようになりました。

できることを列挙してみましょう。

メモをすることができます(紙のメモ帳は必要なくなります)。

例えば録音することができます(デジタルレコーダーは必要ありません)。

例えば動画を視聴できます(DVDプレーヤーは必要ありません)。

例えば音楽を聴くことができます(音楽プレーヤーは必要ありません。)

デジタルカメラに匹敵する綺麗さで写真をとることができます(デジタルカメラは必要ありません)。

例えば本を読むことができます(重たい紙の本を持ち歩く必要がなくなります)。

例えば辞書になります(重たい紙の辞書を持ち歩く必要がなくなります)。

例えば六法になります(重たい紙の六法を持ち歩く必要がなくなります)。

例えば懐中電灯になります(暗くなったときに便利です。普段懐中電灯を持ち歩く人は滅多にいません)。

例えばゲームになります(携帯ゲーム機が必要なくなります)。

などなど。挙げたらきりがありません。

これらが全て一つの端末に詰まっているのです。

iphoneはもう夢のデバイスといっていいレベルの製品です。ユーザー体験を一変しました。

実際、iphoneの誕生により売り上げが激減した製品はいくらでもあります。

さらにデザインの洗練度が半端ではありません。iphoneのデザインはシンプルすぎる程シンプルですが、そこに美しさが醸し出されています。

洗練を突き詰めると簡潔になる」というジョブズ(もともとはレオナルドダヴィンチ)の精神が見事に体現されています。

Unsplash / Pixabay

iphoneは消費者アンケートなどのマーケティング手法からは決して生まれない製品です。

ジョブズが芸術魂を絞り出して作り上げた製品です。

そこに大きな共感が生まれ、これほどまでにヒットしているのです。

niekverlaan / Pixabay

 

ただし、iphoneも完全無欠ではありません。

画面が小さいのです。

画面が小さいので、ネットサーフィンするにしても本を読むにしても不便さがどうしてもあります。特に漫画を読むのには一苦労します。また、ゲームや写真を楽しむには迫力に欠けます。

そこを解決したのがipadでした。

ipadはiphoneを大型化したものです。

持ち運び可能性を維持した上で大型化し、iphoneの弱点を見事に克服しました。

ここまでいくと、もはやパソコンは必要ないといってもいいほどです(実際には文字の入力容易性などパソコンが全く用済みになることはないのですが、パソコンの機能の大部分をiphone,ipadが代替できるようになりました)。

FirmBee / Pixabay

私はiphoneとipadを併用して活用しています。

多くはiphoneを使っていますが、漫画を読んだり、写真をみたり、ゲームをしたりするときにipadを使います。

iphoneやipadは私の、そして多くのユーザーの生活様式を大きく変えました。iphone以前とは全く異なります。

外出先で、たくさんのデバイスを携帯することなく、iphoneがあれば、思い立ったときにウェブ検索ができ、地図を調べることができ、音楽を聴くことができ、本を読むことができ、ゲームを楽しむことができ、写真を撮ることができます。極めて画期的な変化です。

iphone以後、類似の製品がたくさんリリースされましたが、とてもiphoneに及ぶものではありませんでした。

今(2016年)でこそiphoneの優位性が薄れてきているものの(他の製品がやっとiphoneに追いついてきて)、それでもなおiphoneは輝きを放っています。

FirmBee / Pixabay

ジョブズは2011年、56歳の若さで亡くなりました。

ジョブズ以後、アップルにイノベーションらしいイノベーションはありません。機能は進化しているものの、ユーザーの体験を一変するような革新が何もないのです。

それでも世界中でiphone,ipadは売れ続けています。

これはジョブズの偉大さを如実に示すものです。

私はジョブズの偉大さに最大限の敬意を払います。

そして、

ジョブズの精神は私の中に、そして世界中の人々の中に受け継がれていきます。

ではでは。

※ハピリプの記事はこちら(サイトマップ)にまとめていますので、よかったらご覧ください。

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 子育て, 比較検討 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す