私はかつての王様より恵まれていた!!

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチの森陽(もりあきら)です。

 

前回のお話「確かに恵まれているかも!!」で、恵まれている部分の例示として

インターネットにアクセスできる

ことを挙げました。

 

自分の恵まれている部分に気づくことが最悪な人生を好転させる一つのきっかけとなるからです。

 

今回は私の個人的な体験から、もう一つの例をお示ししたいと思います。

 

私はかつての王様よりも恵まれていた!!

 

aranoo / Pixabay

 

今(2017年)から約10年前、私は沖縄に旅行にいきました。

レンタカーでトヨタのVitz(ヴィッツ)という車を借り、沖縄をドライブし、今帰仁城(なきじんじょう)というお城跡にいきました。

 

トヨタのVitzは国産のトヨタというメーカーの、リッターカーの中ではエントリーモデルであり、失礼ながら高級さを自慢できる車では全くありません。私の乗っていたVitzはさらにその中でもさらにグレードが高くないものでした。

 

私はそんなVitzに乗り、今帰仁城まで行きました。Vitzを駐車場に駐め、今帰仁城を散策します。

 

そのとき、ある想いが私の中にわき起こりました。

 

この今帰仁城の城主って庶民や家来に比べたら豪華な生活をしていただろうけど、だけどVitzには乗れなかったんだ。仮にその時代にVitzがあったら(そして一台しかなかったら)城主が乗って、周囲に自慢し、周囲は間違いなくVitzに乗った城主をうらやましいとおもっただろう。そんなVitzに今私は乗っているのだ。

 

という想いです。

 

今(2017年)ある高級車と比較すれば見劣りするVitzですが、数百年前だったら、いや数十年前だって羨望のまなざしを受ける存在であったはずです。

 

私は王様より恵まれているんだと思いました。

 

何を当たり前のこととお思いかもしれませんが、この視点は人生をよりよく生きる上でかなり重要です。

 

恵まれてないものに視点をフォーカスすれば恵まれてないものばかり視野に入り、そして最悪恵まれてないものばかりを引き寄せてしまいます。

 

それを好転させる一つのきっかけが「今恵まれていることにフォーカス」することであり、それができれば恵まれている資源を活用できるようになりますし、なにより恵まれているものを引き寄せることができるようになります(コーチングでは引き寄せを「スコトーマ」という概念で説明します。また、引き寄せを有効にするには現状を超えたゴールの設定が大前提です。)。

 

これが成功法則の全てというつもりは全くありませんが、人生をよりよいものにしていく上で欠くべからざる重要な視点ですので、一つの記事を使ってお話させていただきました。

 

今回は以上です。

 

苫米地式コーチング認定コーチの森陽でした。

 

※本記事でVitzを大衆車の代名詞として用いていますが、Vitzの悪口をいう意図は全くありませんので、(本文の趣旨からおわかりいただけるとは思いますが)念のため付け加えます。かつて私はVitzを購入して乗っていた時期があります。とても乗りやすく利便性に優れた車であり、愛着を持って乗っていました。

サイトマップ

まとめ「コーチング」編第2章

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。

正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。
ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。

カテゴリー: コーチング タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す