井上達彦氏著「模倣の経営学」(日経BP社)※ネタバレあり

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

今回は本の紹介です。

井上達彦氏著「模倣の経営学」(日経BP社)

です。

以下、ネタバレもありますからご注意ください。

ralph / Pixabay

世の中、自分でビジネスを興したいと思っている人は多くいます。

また、既にあるビジネスを成功させたいと多くの人が願います。

とはいうものの、ビジネスで成功する人は独創的なアイディアに溢れており、自分にはとても無理だと思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな人に勇気をくれるのが

井上達彦氏著「模倣の経営学」(日経BP社)

です。

本書では他社の模倣から成功した会社の例をあげ、そのビジネス手法を考察しています。

例として挙がっている会社は、誰もが知る会社ばかりです。

例えば

ヤマト運輸

スターバックス

セブンイレブン

トヨタ自動車

ドトール

KUMON

などなどです。

誰もが知る有名な会社ばかりですね。

これらの会社も最初は「模倣」から始めたといいますから驚きです。

ただし、単に模倣したわけではないとも書かれています。本質を徹底的に模倣し、実情にあわせて変化させていく。そして、それがオリジナルを超えた価値を生み出していくことで成功する、ということが書かれています。

Kaz / Pixabay

人生は短く、自分で全てを経験し尽くすことは無理があります。であるなら、他者の経験から学ぶことは極めて合理的な戦術といえるのではないでしょうか?

本書の著者である井上達彦氏は早稲田大学商学学術院教授(著者略歴より)であり、文章が非常に論理的に構成されています。そして、「模倣」の勘所を分かりやすく解説しています。

ビジネスに携わる方にはもちろん、それ以外の方にも非常に参考になる一冊です。

ぜひご一読を。

ではでは。

※本の紹介についての記事は「まとめ「本を紹介」編」にありますので、ぜひご覧ください。また、ハピリプのそれ以外の記事は「サイトマップ」にまとめていますので、よかったらこちらもご覧ください。ハピリプがあなたの幸せに少しでも貢献できたら嬉しく思います。

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 本を紹介 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す