子どもに嘘やごまかしは通用しない!

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

今回は

「子どもに嘘やごまかしは通用しない」

というお話しをします。

rkit / Pixabay

子どもは親の都合の良いようには行動してくれない生き物です。

親としてはつい

「親の都合の良いように子どもを誘導しよう」

としてしまいますが、

親の都合の良いように子どもを誘導すること自体、子ども本来の自由を制限することになり望ましい行為ではありません。

加えて、さらに問題な行為があります。

それは、子どもを誘導しようとするとき

嘘やごまかしを用いる

ことです。

当たり前のことですが、子どもの経験値は親と比べて圧倒的に少ないです。だから大人である親から見れば子どもは明らかにモノを知らないように見えます。実際、知識という点からすれば子どもの知識は親の知識に及ぶべくもありません。

だから親はつい子どものことを

つい侮って

しまいます。

子どものことを侮り

嘘やごまかし

を用いてしまうのです。

しかし、これは厳に慎まなければなりません。

kangheungbo / Pixabay

 

確かに子どもは親に比べて知識は不足しているでしょう。

しかし、子どもは

潜在意識で親の嘘やごまかしを見破

ります。

しかもこの「見破り能力」は大人よりもはるかに精度が高いです。

もちろん、子どもは親のことを全面的に信頼しようとしますから、何か変だと感じても親のことを信じようとします。

しかし

です。

何か変だ

としっかり感じ取っています。

「何か変だ」を意識に上げられ、論理的に判断できるようになったとき、子どもはどうなると思いますか?

 

子どもの心に

親に対する修復困難な不信感

が生まれるのです。

こうなったらもう子どもは親の言うことを聞きません。

親のいうことがテキトーであると分かってしまうのです。

仮にテキトーではないことを言ったとしても、言うことを聞かない恐れすらあります。

狼少年の寓話を持ち出すまでもなく、一度不信を抱かれれば、たとえ真実であっても信じてもらえなくなるのです。

そもそも

嘘やごまかしは親の手抜き

だと言えます。

横着せず、子どもとしっかり向き合いましょう。

分からないなら分からないと言いましょう。

そして、

親も学び続けましょう!

ではでは。

※子育てについての記事は「まとめ「子育て」編」にありますので、ぜひご覧ください。また、ハピリプの子育て以外の記事は「サイトマップ」にまとめていますので、よかったらこちらもご覧ください。ハピリプがあなたの幸せに少しでも貢献できたら嬉しく思います。

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 子育て タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す