他人との比較は有害無益である!

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

先日、ハピリプコーチングの読者の方からこんな質問を受けました。要約すると以下のとおりです。

 

 

「他人と自分を比較してしまう。比較して自分にないものを他人が持っていると落ち込んでしまう。こんな自分が苦しい!」

 

というものです。

この種の悩みは多くの人に共通するとおもいますので、今回のハピリプコーチングでお答えしたいと思います。
アファメーションのルールの一つ

geralt / Pixabay

 

他人と比較しない」というのは苫米地式コーチングにおけるアファメーションの一つのルールになっています。

※苫米地英人氏著「まずは親を超えなさい!」(フォレスト出版)アファメーションの作り方「⑤決して比較をしない」参照。

ということは、当然ながら、他人と比較するという行為は苫米地式コーチングでは推奨されない行為だということになります。

なぜ苫米地式コーチングでは「他人と比較する」という行為は推奨されないのでしょうか?

その理由を深く追求してみましょう。

エフィカシーを下げる

4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s

 

真っ先に思い浮かぶ理由はエフィカシー(ゴール達成に関する自己能力の自己評価)を下げることです。

他人と比較するとどうしてもエフィカシーが下がります。

他人と比較してしまったときのことを思い出して欲しいのですが、嫌な気持ちになりますよね?私も出来ると思えば嫌な気持ちになりようがありませんから、嫌な気持ちになっているということはやはりエフィカシーが下がっているのです。

エフィカシーが下がればパフォーマンスも下がりますから、エフィカシーを下げる「他人と比較する」という行為は百害あって一利なしです。

一人一宇宙

170bb85e02fc522e7629690ccf6572c4_s

 

次にそもそも論になりますが、一人一宇宙なのですから、他人との比較はそもそも無意味です。

「一人一宇宙」

自分の宇宙は自分だけが作り出しているのですから、そこに他人がどうだとかは一切関係ないのです。

あくまで自分の宇宙をどのように形作っていきたいか、重要なのはそれだけです。

でもどうしても他人と比較してしまう。どうしたらいいの?

qimono / Pixabay

 

でもどうしても他人と比較してしまう。どうしたらいいの?って声が聞こえてきそうです。

そう思われるのも無理はありませんが、この問いに対する答えは極めて簡単です。

自分が心から望むゴールを設定すればいい

だけです。

他人がどうだとかは一切関係ありません。

自分がどうなりたいか、それだけです。

もちろんその中に他人の幸せが入るのは望ましいことですが、それは誰かとの比較でさなく、自分自身が望ましいと希求する宇宙なのです。

自分が心から望むゴールを設定すれば自分と比較して他人がどうかなど雑念にすぎなくなります。早晩、他人と比較するという感覚そのものがパッと消えてなくなります。

大丈夫、あなたにも出来ますよ。

森陽でした。

(参照)

サイトマップ

まとめ「コーチング」編

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。

正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。
ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。

カテゴリー: コーチング タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す