子育ては学校では教えてくれない

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

今日は「子育ては学校では教えてくれない」というお話しをします。

2016年(平成28年)現在、日本の小学校、中学校では

英語、数学(算数)、国語、理科、社会

の基本5科目と

美術、音楽、体育、技術家庭科

などの技術系科目を習います。

高校になると各学校の特色によって、これに多少加わりますが、基本上記科目を習うことになります。

この中になぜかはよくわかりませんが、

子育ては入っていません。

言うまでもないことですが、子育ては極めて重要な営みです。

生物としての本能で子どもに生存を保障することはたいていの人にできるでしょう。

最低限の衣類、食事、住居を与えることは、少なくとも今の日本では全く難しくないことです。

しかし、子どもに生存を保障するだけでは子育てとして全く十分ではありません。

子どもを含めてありとあらゆる人には人権がありますが、子どもは自分で人権を十分に行使できません。

そこで、子どもの人権を享受できるよう、親がしっかりと守ってやる必要があるのです。この役割を果たせるのは事実上親しかいません。

そして、子どもにしっかりと人権を保障し、子どもが自由に人生を謳歌できるようにすることはそれ相応の知識と技術が必要になります。このレベルで子育てを遂行しようとした場合、しっかりと学ぶ必要がどうしてもあるのです。

であるのに、学校での学習科目に子育ては入っていません。

これは由々しき事態であり、将来的には子育てを一定の年齢に達した段階で学校で教えるべきだと考えます。

とはいうものの、すぐには実現しないでしょう。

子どもに子育てを教えるということは子どもの親の子育てを批判する可能性がありますし(親世代の激しい抵抗が想定されます。全く困ったことですが。)、なにより組織は変化を嫌うからです。

学校で子育てを習わないということは、既に親である人及びこれから親になろうとする人は自ら主体的に子育てを学ぶしかありません。

Unsplash / Pixabay

少し私の話しをします。

私にはかつて生きることが死を願うほどに苦しいことがありました(「生きる意味」で詳しく書いています。よかったらご覧ください。)。

精神は安定せず、自信もなく、人生は暗黒だと思っていました。

そのとき、仮に子どもを持てば自分の不安定さを、自分の暗黒面(スターウォーズでいうところのダークサイドです)を子どもに引き継いでしまうことは確実に思えました。

したがって、その当時の私は絶対に子どもを持たないと決めていました。連鎖は自分で断つと決めていたのです。

blickpixel / Pixabay

とはいうものの、生きることが苦しくて、ラクになりたくて、その方法論を求めて様々な書籍を読み、CDやDVD教材を購入し、自ら試行錯誤をずっとしていました。その期間は10年間を軽く超えます。

あるとき、自分の苦しみの原因がわかりました。

どうすればラクに生きられるのかがわかりました。

その方法を実践しました。

私の中に光が差し込み、私の中にずっと居座っていた暗黒面がどこかへと消え去ってしまいました。

あんなに苦しんでいた精神の不安定さも全くなくなりました。

あんなに強かった死への衝動もなくなりました。

力続く限り生きて行こうと思えるようになりました。

そして、子どもを持っても大丈夫だと確信しました。何も頑なに子孫を残すことを拒絶しなくとも、連鎖は自分で断ち切れると確信しました。子どもを持てば、その子が幸せに育つよう育てられると確信しました。

私は結婚し、子どもを授かりました。かわいいかわいい男の子です。

今現在進行形で子育てをしています。

私の子育て論のベースは私自身が必死で探求してきた生き方の方法論にあります。

その一部は既にハピリプで公開済みですので、ご興味がある方は「まとめ「幸せにいきるための考え方」編」をぜひお読みいただきたいと思います。

そして、当然ながら、子育てに特化した学びもたくさんしています。

その学びの果実を皆様と共有しようとする試みが

ハピリプ「子育て」編

です。

ハピリプの子育て論が完璧だと主張する気はさらさらありませんが、皆様の子育ての参考には確実になると思っています。私の10年以上にわたる研究の成果が凝縮しているからです。

ハピリプ「子育て」編が皆様の子育てのお役に立ち、皆様のお子様たちが幸せな人生を送られることを願ってやみません。

ではでは。

※ハピリプ「子育て編」の記事は「まとめ「子育て」編」にまとめていますので、よかったらご覧ください。

※ハピリプの記事はこちら(サイトマップ)にまとめていますので、よかったらご覧ください。

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 子育て タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す