矩を踰えよ!

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

今日は「矩を踰えよ!」というお話しをします。

論語の中に次のような文があります。

まず原文。

子曰 吾十有五而志乎學 三十而立 四十而不惑 五十而知天命 六十而耳従 七十而從心所欲不踰矩

次は書き下し文です。

子曰(しいわ)く 吾十有五(われじゅうご)にして学(がく)を志(こころざ)す 三十(さんじゅう)にして立つ 四十(しじゅう)にして惑(まど)わず 五十(ごじゅう)にして天命(てんめい)を知(し)る 六十(ろくじゅう)にして耳(みみ)に従(したが)う 七十(しちじゅう)にして心(こころ)の欲(ほっ)する所(ところ)に従(したが)えども矩(のり)を踰(こえ)ず

簡単に現代語訳しましょう。

先生(孔子)はおっしゃいました。私は15歳で学問を志ました。30歳で独立しました。40歳で迷わなくなりました。50歳で使命を知りました。60歳で他人の言葉を受け入れられるようになりました。70歳で自由に振る舞っても逸脱しなくなりました。

孔子はいいこと言っているように聞こえますよね。たぶん。

15歳で学問を志したという部分は特に問題ありません。そうですか、というだけです。

30歳で独立したというのも独立が「親から」の意味であればちょっと遅いような気もしますが、まあいいでしょう。

40歳で迷わなくなったというのは「本当ですか?」と突っ込みたくなりますが、この点もいいことにします。

50歳で使命を知ったというのも少し遅いような気がしますが、特に突っ込みません。

60歳で他人の意見に従えるようになったというのはどうでしょう?当たり前ですが、他人の意見はしっかりときき、吟味した上で、受け入れるか受け入れないかを判断すればいいはずです。であるのに、この部分は「無批判に他人の意見に従うことが良いことだ」とも解釈でき、「ん?」と疑問符が付きます。

70歳で自由に振る舞っても逸脱しなくなったというのはどうでしょう?

この部分は「逸脱」が何を意味するのかがポイントになります。

「逸脱」が現代でいうところの刑法が規定している犯罪を及ばないという意味であればどうでしょうか?70歳で自由に振る舞っても犯罪に及ばなくなったというのであれば「孔子よ、遅すぎるぞ」です。普通に生活できているほとんどの人は自由に振る舞っても犯罪に及ばないでしょう。自由に振る舞っても殺人や窃盗なんてしないはずです。わざわざ偉そうに言うことでは少なくともありません。おそらく孔子もそんなことを言いたかったわけではないと思われます。

では孔子が言いたかった「逸脱」しないのは何からでしょうか?

「社会が醸し出している空気」からではないでしょうか。

権力者を頂点とした暗黙の空気(序列)を作り、下々まで序列に従って生きる。その序列から逸脱するなと言いたいのだと思います。そして、ここの部分が孔子の本音でしょう。

優秀な詐欺師は9割本当のことを言って、その中に1割の嘘をそっと紛れこませます(「優秀な詐欺師とヘボ詐欺師」参照)。

論語のこの文も、前半でもっともらしいことを言っておいて、最後に本音をそっ紛れこませることで、怪しさを感じとりにくくしているのです。

空気なんか読む必要はありません。

序列など誰かが誰かの都合で周囲に強制している共同幻想です。

矩なんてさくっと踰えちゃいましょう!

ではでは。

(参考文献)

苫米地英人氏著「洗脳論語」(三才ブックス)

※この記事は儒教批判の一環として書いたものです。儒教批判のその他の記事は「まとめ「儒教批判」編」をご参照ください。

※ハピリプの記事はこちら(サイトマップ)にまとめていますので、よかったらご覧ください。

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。

正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。
ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。

カテゴリー: 儒教批判 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す