連鎖するのは虐待だけではない!

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

先日「虐待の連鎖」の中で虐待が連鎖するという事実が存在することを押さえておきましょうというお話をしました。

今日のお話しはそこをさらに掘り下げます。

連鎖」は虐待による悲劇的結末が起こるたびに話題になります。

虐待によって子どもが死んだニュースで、虐待した親もまたその親に虐待されていたというお話しは枚挙に暇がありません。

では、ここからが今日の本題なのですが、

連鎖するのは虐待だけなのでしょうか?

ハピリプの答えはこうです。

Alexas_Fotos / Pixabay

 

連鎖するのは虐待だけではなく、ありとあらゆる親の子育てが連鎖する。

 

erA_Blackout / Pixabay

あなたの周囲にいる「親」をよく観察してみてください(自分の親に限らないし、自分自身が親の場合は自分自身も含ます。)。

そして、「親の親」を観察してみてください。

「育て方」が驚くほど「親の親」にそっくりなことに気が付くのではないでしょうか。

もちろん100パーセントではありませんが、その傾向があることは否定できないはずです。

連鎖するのは虐待のみならず、「育て方」全般なのです。

johnhain / Pixabay

ではなぜ「育て方」は連鎖するのでしょうか?

一つ考えられるのは「コンフォートゾーン」です(「コンフォートゾーン」で詳しく解説していますので、よかったらご参照ください。)。

コンフォートゾーンとは「快適な空間」のことをいいますが、物理的な快適空間だけではなく、情報的な快適空間も含みます。

自分が育てられた「育てられ方」がコンフォートゾーンになっているので、その育て方を自分の子どもにも引き継ぐのです。

もう一つは、「育て方」は「自分の親のそれ」しか知らないことも考えられます。自分の親の「育て方」しか知らないので、それがスタンダードになるのです。

towbar / Pixabay

ハピリプ「子育て」編は主に現在親である人及びこれから親になろうとしている人に向けて書いています。

子育てをするとき、意識するにせよ、意識しないにせよ自分の親の子育てを踏襲することになります。

まずはそのことを認識して欲しくて今回の記事を書きました。

sathyatripodi / Pixabay

子どもは親の影響を計り知れなくほど大きく受ける存在です。

適切な子育てができる親に育てられた子どもは幸運です。すくすくと育ち、自由に人生を謳歌できるようになるでしょう。

他方、適切な子育てができない親に育てられた子どもが、自由に人生を謳歌しようと思っとき、大きなハードルを超えなければならないことになります。もしくは、重たい足かせをはめられることになり、それを取り払うには容易ではない労力を注ぐ必要が出てきます。

ですから、適切な子育てを身に着けることは極めて重要ですが、大半の人は親の子育てを引き継ぎ、その親もまた親の子育てを引き継ぎます。ほとんどの親は子育てを親からしか学びませんから、不適切な子育てが連鎖している可能性を考えるべきです。

少し厳しいことをいいますが、

ありとあらゆる「親」という存在はその親の子育てが適切であったかしっかりと検証する必要があります。そして、自分の育てられ方を超えて、適切な子育てを追求する必要があります。

自分の子どもには完璧と言えるほどの適切な子育てを施す覚悟と気概が必要です。

とはいうものの、いくつかのポイントさえしっかり押さえておけば子育てはそれ程難しいものではありません。

ハピリプでは私が学び得た子育ての知恵を出し惜しみすることなく、全てを全力で公開します。

子育ては人類の未来を左右するほどの重要な営みであり、かつ今の世界では子育てが極めて「いい加減」「てきとう」「行き当たりばったり」になされている可能性が高いからです。

ハピリプ「子育て」編はこれから徐々に深く深く入っていきます。

どうぞお楽しみに♪♪♪

ではでは。

※ハピリプ「子育て」編の記事は「まとめ「子育て」編」にまとめていますので、よかったらご覧ください。

※ハピリプの記事はこちら(サイトマップ)にまとめていますので、よかったらご覧ください。

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。

正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。
ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。

カテゴリー: 子育て タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す