親からの承認をあきらめる

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチの森陽(もりあきら)です。

 

ハピリプコーチングにお越しいただき、ありがとうございます。

 

「親」という存在は子どもの庇護者であり、愛情を与える存在であり、そもそも生命を与えてくれた存在です。子どもにとって親はそれはそれは大切な存在であり、子どもは親を強く愛し、また親の愛情を強く求めます。

 

あらん限りの愛情と知恵をもって素晴らしい子育てができる親ももちろんいます。

 

しかし、他方で、自らの情緒の不安定さにより、または智恵の不足から極めて不適切な子育てをしてしまう親も残念ながらいます(愛情の不足ではありません。)。いわゆる「毒親」と呼ばれる存在です。

 

以前の記事で小石川真実氏著「親という名の暴力」(高分研)という本を紹介しました。

この本は東大を出て医者になったものの、毒親に育てられた精神の歪みにずっと苦しめられていた著者(以下「真実さん」とお呼びします。)が自らの体験を赤裸々に語ったものです。

 

この本に書かれていることは私のゴールにとってとても大切なものですので、時間をかけてこの本に関連したお話を少しずつ語っていこうと思います。

今回は「親からの承認」をテーマにお話します。

 

親からの承認をあきらめる

 

sasint / Pixabay

「親という名の暴力」では真実さんの幼少期からの親への恨み辛みがこれでもかというくらいに書かれています。

 

書かれている内容が事実だとすると恨んでも当然の内容です。親を恨むこと自体何も悪くありません。ぜんぜんいいです。

 

しかし、注目すべきはここからです。

 

真実さんはそんな恨んでも恨みきれない親に複数回旅行をプレゼントしたりしているのです。

なぜ大金を使ってそんなことをするのでしょうか?

 

復讐するどころか、恨み辛みの塊である親に高額のプレゼントをそれも複数回するのです。

 

一見おかしな行動です。

 

が、真実さんがこのような行動に出た理由は明白です。

 

今まで与えられなかった親からの承認が欲しいからです。

 

子どもというのは、たとえ年齢が大人になったとしても親からの承認をこれほどまでに求める存在なのかと思わずにはいられません。

 

しかし、残念なことに、そして多くの場合がそうであるように、どんなに献身しても真実さんは親からの承認を得ることができませんでした。

 

真実さんと同じように、恨みばかりの親からの承認が欲しくて涙ぐましい努力をなさっている方も多くいるでしょう。

 

幸いにも親からの承認を得られた人は幸せです。

 

ですが、多くの場合、それは叶わないのではないでしょうか?

 

親によらずとも承認は自分で作り出すことができます。

 

自分で承認を作ることが難しければ、少しのお金をかけてコーチングを受ければ自己承認など簡単に作り出せます。

 

現実的に考えた場合、親からの承認はあきらめることが賢明といわざるを得ません。

 

親からの承認を得ようと永遠の努力をするより、コーチングを受けるためのお金を貯める方がずっとずっとずっと簡単です。

 

今回は以上です。

 

苫米地式コーチング認定コーチの森陽でした。

 

 

 

サイトマップ

まとめ「親という名の暴力」編

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: コーチング, 毒親 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す