パワハラ上司は怖くない(その3)

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

先日、パワハラについて「パワハラ上司は怖くない!」「パワハラ上司は怖くない(その2)」というお話をしました。今日はパワハラつながりで、特に暴言型のパワハラについて「パワハラ上司は怖くない(その3)」と題してお話ししようと思います。

暴行型のパワハラもありますが、暴行された場合、とりあえずやられちゃうでしょうから(物理的に反撃する方法もなくはありませんが、あまりおすすめできません)、事後に告訴や損害賠償請求などの対応をするしかありません。他方で、暴言型の場合は、その場で対処すべきこともありますので、今日は暴言型のパワハラに限って、注意すべきポイントをお話ししようと思います。

大声で怒鳴られたりすると萎縮してしまいがちです。萎縮するとIQが下がってしまい、適切な対応ができなくなる恐れがあります。どうしたら、大声で怒鳴られても萎縮しないで済むのでしょうか?

まず認識して欲しいことは、どんな大声で怒鳴られようが、あなたが怪我をすることはないということです。叩かれたりしてないのですから当たり前です。

「声」はただの「音」

です。

ただの音ですから、必要以上に怖がらずに音として認識しましょう。その上で、リラックスを維持します。リラックスを維持できればIQが下がりませんから、適切な対処ができる可能性が高まります。

リラックスを維持するには呼吸をコントロールすることです。できるだけゆっくり呼吸して、息を吐き出しながら身体を緩めることで、リラックスを維持できます。

どんなに怒鳴られようが、リラックスを維持して、淡々と聞き、淡々と反論すればいいのです。

ではでは。

(「上司」についての参考記事)

理不尽な上司は怖くない

上司は偉い人?

パワハラ上司は怖くない!

パワハラ上司は怖くない(その2)

※ハピリプの記事はこちら(サイトマップ)にまとめていますので、よかったらご覧ください。

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: いじめ対策, 儒教批判 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す