渡辺仁氏著「セブンイレブンの罠」(金曜日)※ネタバレあり

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

今回は本の紹介です。

渡辺仁氏著「セブンイレブンの罠」(金曜日)※ネタバレあり

です。

ネタバレがありますので、ご注意ください。

ed_davad / Pixabay

 

セブンイレブンとは日本で展開されているコンビニエンスストア(以下略して「コンビニ」といいます。)の一つです。

街に出ればセブンイレブンの店舗をいたるところで見ることができます。

売上高は2016年(平成28年)現在でコンビニ業界ナンバーワンです。

完全に主観的な印象ですが、セブンイレブンは他のコンビニと比べて品ぞろえのセンスがよく、お店の中は明るく綺麗な気がします。

本書を読むまではセブンイレブンに対し完全によい印象しかありませんでした。

johnhain / Pixabay

しかしながら、

です。

本書ではセブンイレブンのフランチャイズビジネスの暗部を告発しています。

セブンイレブン本部がフランチャイズオーナーからいかに搾取しているかを実例をもとに詳細に書かれています。

物事には常に両面あり、他とは違う切り口はそれだけで貴重です。

本書は明らかに「他とは違う切り口」を提供しています。

多くは語りませんが、本書の視点は持っておくべき視点と感じます。

ぜひぜひご一読オススメいたします。

cocoparisienne / Pixabay

そういえば、セブンイレブンはどこも繁盛しているように見えるのに、廃業している店舗もよく見かける気がします。なんでだろうと思っていましたが、本書が一つの解答かもしれません。

なお、セブンイレブンを批判的に書いている本に

吉川琢也氏+週刊金曜日取材班著「セブンーイレブンの正体」(金曜日)

もありますので、こちらも参照ください。

ではでは。

※本の紹介についての記事は「まとめ「本を紹介」編」にありますので、ぜひご覧ください。また、ハピリプのそれ以外の記事は「サイトマップ」にまとめていますので、よかったらこちらもご覧ください。ハピリプがあなたの幸せに少しでも貢献できたら嬉しく思います。

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 本を紹介 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す