子どもを育てる

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

私は2015年11月現在、2歳の子どもの子育てをしています。そこで、今日は子育てについてお話ししたいと思います。

子どもが生まれれば、親はその子を守り、育てようとします。これは生物としての本能ですので、とても自然な営みです。

ただし、子育ての行方は人によって千差万別なのが現状です。子どもの幸せだけを願い、智恵を持ち合わせた親の子どもは幸せです。すくすく育っていくでしょう。一方、子どもをあたかも所有物であるかのごとく扱う親もいます。また、子どもの幸せ願っても、子育ての智恵を持ち合わせていない親も多くいます。子育ての智恵を持ち合わせなければ適切な子育てをすることは難しいです。子育てには特にコーチング関連の知識が不可欠ですが、コーチングは世間一般に広まっているとはいえません。

子育てはとても大切な営みです。なぜなら、今まさに育てている子どもたちが、人類の未来を担っているからです。子育てを見事にやり遂げることは、人類の未来を築くことだとさえいえます。にもかかわらず、子育てを学校では教えてくれません。ほとんどの親が知識不足の状態で子育てに挑んでいます。暗闇の中で、手探りで進むようなものです。

親との関係は子どもにとってとても重大な影響を及ぼします。

ハピリプを読んでくれているあなたも誰かの子どもです。素敵な親に育てられたあなたは幸せです。しかし、親との関係で、何らかの問題を抱えている人も多いのではないでしょうか。私もそうでした。私も親との関係に苦しんだ一人です。

私は心理学やコーチングをむさぼるように勉強してきました。生きることが苦しかったので、何とか楽になりたかったからです。そして、生きる苦しみの根本原因を探っていくと、多くは親との関係性に行き着きます。後日詳しく述べますが、親にはめられた精神的枠組みによって苦しみが生じます。この精神的枠組み(牢獄といってもいいくらいです)を乗り越えることが幸せいに生きるための第一歩なのです。

試行錯誤の末、私は乗り越えました。その過程でさまざまな学びがありました。この学びを活用し、子育てをすれば、私の子どもには私のような苦しみを味あわすことなく、幸せに育てられる確信を持ちました。だからこそ、私は子どもを持つことを決意したのです。

私の学びをあなたとシェアしたいと思います。ハピリプでは私が得た学びを随時公開していきます。ハピリプがあなたと、あなたの愛すべき子どもと、そして全人類の未来に貢献することを私は確信しています。

どうぞご期待ください。

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 子育て パーマリンク

コメントを残す