しつこいくらいに好き好き好き!

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

先日「子育ての肝」の中で、

子育ての肝(きも)は

子どものエフィカシーを高くすること

だというお話しをしました。

(エフィカシーについては「エフィカシー」で詳しく解説していますので、未読の方はぜひご覧ください。)

そして、子どものエフィカシーを高めるには

「褒めて褒めて褒めてひたすら褒めまくる!」

ことだというお話をしましたね。

また、

「親の言葉は容易に「呪い」となることを自覚せよ!」

の中で、親の言葉の影響力は絶大であり、親の否定的な言葉は子どもにとって呪いとなり、子どものエフィカシーを下げるので何としても避けましょうというお話をしました。

他方で、親の言葉は子どもにとって福音にもなり、それは

「なんにでもなれるよ」

という言葉でしたね。

今回はもう一つの福音のお話をしようと思います。とてもとても大切なお話しです。

cegoh / Pixabay

 

あなたは子どもに愛情を感じていますね。

そんなことは親として当然のことです。愛する子どもなんですから。愛情を感じていて当然です。疑う余地がありません。少なくともあなたはそう思っています。

では、

あなたの子どもは親(あなた)の子ども(自分)に対する愛情をしっかりと感じいるでしょうか?

あなたは思います。

そんなことは当然じゃないかと。子どもが親の愛情を感じるのは当たり前じゃないかと。

ところがそうではありません。

子どもや意外にも親の愛情を疑っています!

子どもは親の仔細な言動から自分は親に嫌われていると容易に思い込む生き物です。

子どもは親の庇護がなければ生きていくことができません。子どもにとって親から嫌われることは生死に直結します。それだけに、自分が親から好かれているか嫌われているかにとても気になるのです。

そして、ちょっとした親の言動から自分は嫌われていると感じ取り、エフィカシーを大きく下げてしまいます。

エフィカシーが下がればパフォーマンスも下がり、その子が将来自由に人生を謳歌することを大きく妨げてしまいます。これは何としても防がなければならない事態です。

では、どうすればいいのでしょうか?

一つ考えられるのは、

子どもに嫌われたと思われる言動を徹底的に避ける

ことです。

これはとても重要なことです。

しかしながら、子どもは親の仔細な言動を敏感に感じ取るため、親の側でこれを全て避けきることは難しいと言わなければなりません。

ではどうすればいいのでしょう?

一つの答えは、

好き好き好き!

です。

ひたすらしつこいくらいに

私は君を好きだよ

と繰り返すのです。

嫌われたかもしれないという疑念を「好き」という言葉で吹き飛ばしてあげてください。

態度で愛情を示すことはもちろん重要ですが、言葉にしなければ伝わらないこともあります。

このことを示す一つのエピソードをご紹介しましょう。

geralt / Pixabay

とある小学校での授業参観の話しです。

親が子どもに手紙を書き、それを授業で読み上げるという企画がありました。

親は子どもに対する愛情を手紙にしたため、それを読み上げるわけです。

ここで面白いのは、手紙の朗読を聞いた子どもの感想です。

パパやママ(両親)が自分のことをこんなに好きだとは知らなかった

というのです。

自分はいつも怒られてばかりだから、パパやママは自分のことを嫌いだと思っていた。だけど今日の手紙でパパやママが自分のことをこんなに好きなんだとわかった。とても嬉しい。

というのです。

このことは

愛情は言葉にしなければやはり伝わらない

という一つの事実を示しています。

mld / Pixabay

気恥ずかしいかもしれませんが、ぜひ愛する我が子に

好き

って言ってあげてください。

ではでは。

※子育てについての記事は「まとめ「子育て」編」にありますので、ぜひご覧ください。また、ハピリプの子育て以外の記事は「サイトマップ」にまとめていますので、よかったらこちらもご覧ください。ハピリプがあなたの幸せに少しでも貢献できたら嬉しく思います。

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 子育て タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す