榎本まみ氏著「督促OL修行日記」

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

今日は本のご紹介です。

榎本まみ氏著「督促OL修行日記」(文春文庫)です。

この本には社会人一年目にクレジットカード会社の督促部署に配属された著者の苦労やそこから得られた智恵が書かれています。

①督促の仕事のリアルがイメージしやすくなること

②紹介されている智恵が役に立つものであること

③文章のテンポがよく、楽しく読み進められること

から一読の価値がある本だと思います。

・・・・・・・・・・

紹介されている智恵の一つに

付箋を読む

というものがありました。

お客様から怒鳴られると頭が真っ白になってしまうので、パソコンや机に張り付けた付箋に書いたセリフを淡々と読むのだそうです。そうしているうちに思考力が回復しくるのだそうです。

これは単純なようでいて秀逸です。

極限状態にあるとき人間は複雑な思考ができません。状況を総合判断してベストな「解」を一瞬で導きだすのは極めて困難です。

そんなとき役に立つのが、あらかじめ「シンプルな命令」を自分に与えておくことです。極限状態でもシンプルな命令に従うことくらいはできます。そして、シンプルな命令に従って行動することが、思考停止状態での判断よりその状況を乗り切る可能性が圧倒的に高くなるからです。

著者の場合、お客様から怒鳴られる状態がある意味極限状態です。複雑な思考ができなくなります。そこで、「付箋を読む」というシンプルな命令をあらかじめ自分に与えておき、それを実行することにより、最適解に近い行動をとることができます。そして、極限状態と思っていた状況も時間がたてば慣れてきます。慣れてくれば停止していた思考が復活するので、さらにベターな対応策も打てるようになります。

・・・・・・・・・・

こんな感じで役に立つ情報も満載ですので、皆様もご一読されてはいかがでしょうか。

ではでは。

※ハピリプの記事はこちら(サイトマップ)にまとめていますので、よかったらご覧ください。

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 本を紹介 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す