李牧の弱点※キングダムネタバレあり

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチ 森陽(もりあきら)です。

私は漫画「キングダム」(原泰久氏著)の大ファンでして、当ブログでもキングダムについての記事をいくつか書いています。

※キングダムの時代背景については「漫画「キングダム」」参照

その中で、「桓騎の弱点」という記事に大変多くのアクセスをいただいています。桓騎(かんき)は中国の戦国時代の「秦(しん)」という国の将軍で、残虐だけど頭がむちゃくちゃ切れるというキャラクター設定で、とても人気があります。作中に「桓騎の弱点」をにおわす記述が二カ所あり「桓騎の弱点」では私なりの推測を述べています。作中のインパクトがあまりにも大きいためか、大変多くのアクセスをいただいています。

2017年(平成29年)3月現在、グーグルで「桓騎 弱点」などと検索していただけるとトップページに表示されます。ブログの書き手としては嬉しい限りです。

さて、現在キングダムの連載では桓騎が所属する「秦」の敵国である「趙(ちょう)」と戦っている最中です。趙の軍師が「李牧(りぼく)」です。

李牧は作中で完全無欠な軍師として描かれています。キングダムをお読み頂いた方には李牧の凄さがリアリティを持っておわかりと思いますが、そうでない方はとにかく「むちゃくちゃ凄いやつ」というイメージを持っておいてください。戦術の能力に限定すれば苫米地博士級と言えば分かりやすいでしょうか。

さて、そんなもの凄い李牧ですが、私には「李牧の弱点」もまた見えています

「李牧の弱点」

秦はどうやって完全無欠な李牧を倒すのか。

キングダムファンなら気になるところではないでしょうか?

そこで、この記事では「李牧の弱点」について掘り下げていきます。

一見コーチングとは何の関係もなく思えますが、確かに多くはキングダムファンによる妄想ではありますが、しかし根っこにはコーチングと通ずるものがありますので、どうぞ先へお進みください。

では、はじめます。

李牧の弱点

gmshtwjl / Pixabay

李牧は超一流の軍師です。

そんな李牧と私が敵国の総大将として戦う羽目になったことを想像してみます。

策を巡らし勝利を目指すのは当然ですが、李牧を上回る策を立てることは容易ではありません。

私自身の能力を120パーセント引き出し全力を尽くしますが、しかしそれでも正面から戦って勝てる確率は高くないと見積もらざるを得ません。

ソフトバンク社長の孫正義氏は

70パーセントの勝率が見えたら戦い、そうでなければ撤退する

という趣旨のお話をされていましたが、李牧相手にとても70パーセントの勝率を見いだすことはできそうにありません。

では、どうするか?

撤退?

いえいえ、撤退などしません。

なぜなら私には李牧の弱点が見えているからです。

では李牧の弱点とは一体何なのでしょうか?

戦術の腕に限定した場合、李牧に弱点などありません!

ずっこけましたか?

戦術の腕に限定した場合、李牧に弱点などないのです。

つまりは、戦術で正面から李牧と戦ってはいけないということです。

では、李牧とどう戦うか?

正面から戦わず裏から崩すのです。

李牧の弱点。

ずばり

趙国の王

です。

李牧は一軍の長ではありますが、趙のトップではありません。趙のトップはあくまでも「王」です。

趙国の王は李牧ほどの人物では全くありません。そこで、趙国の王にターゲットを絞り、李牧に対する疑念を植え付けます。そうすることで、趙国の王が李牧の手足を縛ってくれるのです。

実は、この李牧の弱点、私のオリジナルではありません。史実上、秦は趙の王に謀略を仕掛け、趙の王は李牧を戦場から呼び戻し、あろうことか処刑してしまいます。李牧を失った趙はあっさりと秦に滅ぼされてしまいます。

さて、ここからがコーチングのお話です。

確かに李牧は凄い人物です。

しかし、上司が愚かだったために殺されてしまいます。

李牧の立場って、現代でも同じようなことないでしょうか?

ここで多くを語ることはしません。

上記李牧のエピソードからあなたのゴール達成に役立つ知恵をくみ取っていただけると幸いです。

苫米地式コーチング認定コーチ 森陽でした。

※キングダムに関する記事は「まとめ「キングダム」編」をご参照ください。

※コーチングに関する記事は「まとめ「コーチング」編」をご参照ください。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: キングダム タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す