自己肯定感が当たり前の人たち

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチの森陽(もりあきら)です。

 

ハピリプコーチングにお越しいただき、ありがとうございます。

 

「親」という存在は子どもの庇護者であり、愛情を与える存在であり、そもそも生命を与えてくれた存在です。子どもにとって親はそれはそれは大切な存在であり、子どもは親を強く愛し、また親の愛情を強く求めます。

 

あらん限りの愛情と知恵をもって素晴らしい子育てができる親ももちろんいます。

 

しかし、他方で、自らの情緒の不安定さにより、または智恵の不足から極めて不適切な子育てをしてしまう親も残念ながらいます(愛情の不足ではありません。)。いわゆる「毒親」と呼ばれる存在です。

 

以前の記事で小石川真実氏著「親という名の暴力」(高分研)という本を紹介しました。

この本は東大を出て医者になったものの、毒親に育てられた精神の歪みにずっと苦しめられていた著者(以下「真実さん」とお呼びします。)が自らの体験を赤裸々に語ったものです。

 

この本に書かれていることは私のゴールにとってとても大切なものですので、時間をかけてこの本に関連したお話を少しずつ語っていこうと思います。

 

 

今回は

 

「自己肯定感を獲得するための悲しい努力」

 

「容易ならざる自己肯定感の獲得」

 

に続き、自己肯定感のお話をしようと思います。

 

自己肯定感が当たり前の人たち

Alexas_Fotos / Pixabay

 

かつての私を含め、世の中には自己肯定感を獲得できずに苦しんでいる人がたくさんいます。「親という名の暴力」シリーズはそんな人たちに向けて書き続けています。

「まとめ「親という名の暴力」編」

 

他方で、自己肯定感など当たり前という人も実はいます。

そういう人は自己肯定感がないが故の苦しみはおそらく分かりません。

 

自己肯定感というのはあって当たり前のものだからです。

 

それだけでかなり幸運だと言えます。

 

では、この差はいったいどこからくるのでしょうか?

 

産まれたばかりの赤ん坊のときに差があるわけではありません。

 

原因は赤ん坊から子どもへ、そして子どもから大人への成長過程にあります。

 

想像がつくでしょうが、親や周囲の大人の関わり方により自己肯定感など当たり前になるか自己肯定感の不足に苦しむかが分かれるのです。

 

当たり前に持っている自己肯定感は間違いなく親や周囲の大人が与えてくれたものです。

 

子どもの心はいわば真っ白なキャンパスのようなものです。親や周囲の大人の関わり方によって素晴らしい絵を描くこともあれば、どろどろな絵を描いてしまうことだってあります。

 

親や周囲の大人は子どもに対してとんでもなく大きな影響を与えているのです。

 

その事実に真摯に自覚的にであって欲しいと願います。

 

今回は以上です。

 

苫米地式コーチング認定コーチの森陽でした。

 

サイトマップ

まとめ「親という名の暴力」編

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。

正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。
ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。

カテゴリー: コーチング, 毒親 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す