不自由さはズルい気持ちから

こんにちは。森陽(もりあきら)です。

今日は「不自由さはズルい気持ちから」というお話しをします。

ハピリプを読んでくれている人の中には、不自由さを感じながら生きている人も多いと思います。思考、発言、行動にいろいろな制約があるように感じているのではないでしょうか。

私やあなたに限らず、誰しもが自由に生きたいと思っているはずです。なのに、なぜ不自由に生きているのでしょうか?

人間は物理的な存在でもあるので、物理空間の制約は受けざるを得ません。例えば、重力です。例えば、空気のないところでは生きられないという制約です。このような制約は確かにあるものの、不自由さを実感することは少ないはずです。

不自由さを実感するのはもう少し情報的な制約です。

例えば、周りの空気を読んで、言いたいことを言えない、などです。

発話ができる能力があれば、言いたいことは本来言えるはずです。なのに、言えないと感じてしまうのはなぜでしょう?

ここに「ズルさ」が隠れています。打算や下心、保身といってもいいかもしれません。ここではこれらすべて含む概念として「ズルさ」と表現します。

上記の例でいえば、集団の中での自分の地位を確保しておきたいという思いです。

こちらで「保身を乗り越える」という話をしました。

「ズルさ」により目先の安全を確保でいるでしょう。しかし、その代償は言いたいことを言うという自由なのです。代償を払うに値するのかはよくよく吟味すべきです。

こちらで「幸せに生きるには勇気が必要」という話をしました。

自由を差し出して得られる安全に本当の価値があるとはとても思えません。

勇気をもって自由にふるまうことをお勧めします。

ではでは。

LINEで送る
Pocket

森 陽 について

森陽(もりあきら)。苫米地式コーチング認定コーチ、作曲家。 正面から真剣に本当に役に立つ情報を発信しています。 ハピリプがあなたの幸せにほんの少しでも貢献できたらとても嬉しい。
カテゴリー: 幸せに生きるための考え方 パーマリンク

コメントを残す